海外移住の荷物に必要なものは想像以上に少なかった




2度の海外移住で荷物をまとめて感じたのは、
持っていくべきものなんて本当に少ないということ。

事実、私は2回とも手荷物だけで飛行機に乗り、
それ以上の持ち物というのはなかった。

国際配送で送ったものもない。



なぜこんなことが可能かというと、
日本国内の引っ越しのように家具や家電を
新居に持ち運ぶ必要がないから。

多くの国では部屋に備え付けられているので、
わざわざ日本から持ち込むことはない。

仮に家具なしの部屋に住むにしても、
電圧やプラグの問題もあるので現地で買うのが普通。


そのため、海外移住の方が荷物は少なくて済む。

特に大きな荷物はないわけなので、
それだけでも大幅な軽量化を図れた。



では、何が必要だったかといえば、
極論を言えばパスポートとキャッシュカードぐらい。

行き先の国のATMでお金を引き出せるキャッシュカードがあれば、
それで必要なものを購入できる。

後はパスポートがあれば渡航できるわけなので、
それ以外のものはプラスαになる。


実際に海外移住の際に荷物として持っていったものとしては、
当面の着替えやタオル、日本の携帯電話、
世界対応の変圧器・組み換え式のプラグ、
割りばし、印鑑、朱肉、
地球の歩き方(東南アジア編)、ペン、パソコン。


印鑑や朱肉は投資の際に必要な場合があるので
個人的には必要な持ち物だった。


逆に携帯電話はまったく不要だったので、
すぐに捨てた。

変圧器も1度も使うことがなく、
初めての海外移住先となるマレーシアを離れる際、
友人に譲った。

パソコンは数カ月後にはマレーシアで買い替えた。

タオルのないホテルなんてないし、
コンドミニアムに住み始めてからもスーパーで売っているので
わざわざ持っていく必要はなかった。



こうして見ると、
本当に必要なものは少ない。

世界対応のプラグは日本で買っていったほうが、
海外で買うよりもコンパクトでスマートというメリットはある。

マレーシアで見たら、
妙に大きくてゴテゴテしていたので。



マレーシアからフィリピンに移住した時には、
ますます荷物がコンパクトになった。

パソコンにiPad、iPhone、バックアップ用ハードディスク、
着替え、投資関連の書類、プラグ、印鑑・朱肉ぐらい。

ネットで情報は集められるので地球の歩き方は捨てたし、
割りばしのような現地で簡単に買えるものも捨てた。



フィリピンやマレーシアであれば、
日本人が多く住んでいるので日本の食品や
小物が売っている専門店もある。

わざわざ日本から持って行かなくても
現地調達が可能なので荷物を増やす必要はない。

海外移住と聞くと万全の準備をしようと思ってしまうが、
未開の地に行くのでなければ
旅行の時と同じぐらいの持ち物で十分。


拍子抜けするほどに何も不便などないので。



初めてマレーシアに海外移住した時には、
荷物に何を持っていけばいいか分からないので
思いつくものを詰めては取り出しての繰り返しだった。

そもそも日本を出たことも1度しかなかったので、
旅行の荷造りすらも慣れていなかったぐらいで。



それでも一度経験したら、次のフィリピン行きは
シンプルな荷物だけで移動できた。

やはり経験は力になると実感した瞬間だった。



服も全部持っていくわけにはいかないので、
8割以上は捨てることになったし、
靴も10足以上捨ててきた。

そうしないと手荷物だけでは行けないし、
わざわざ重い持ち物を持っていくのも嫌だった。


まして悪評高い国際配送なんて
神経がすり減りそうなので使いたくない。

それなら潔く海外移住のたびに荷物を最小限に削って、
シンプルな生活に立ち戻る機会にしたほうがいい。


普段の暮らしの中では身の回りの所有物が増える一方なので、
こうした機会に大幅に整理してもいいのではないかと。

少なくても、私はそれによって
すっきりした状態を手に入れることができた。

余計な持ち物がなくなれば部屋も広くなるし、
つまらないこだわりからも解放される。

これは海外移住の副次的な効果だったのかもしれない。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ