セブのヌアットタイ(Nuat Thai)でマッサージを受けてきた




セブの西部にあるタリサイから、東部のリロアンに移り、2日目となる今日はランチの前に、ヌアットタイ(Nuat Thai)というチェーン系のマッサージ店に行ってきた。

元々ホテルを出る時に鍵を預けて、掃除をしておいてもらうように伝えたが、このコブラシオン通りというところには、あまり食事ができるようなところがなく、歩いて行ける範囲にあるのが、ジョリビーぐらいだったので、鶏の丸焼きを買って帰ることにした。

しかしそうすると、ホテルを出てから早々に戻ることになり、掃除が終わってないことが明らか。

ということで、時間を少し潰そうと思っていたところ、ヌアットタイというマッサージ店が目に入ったので、そちらを利用することにした。

この店はセブばかりではなくて、パングラオ島にも店がある。

知人の間でも、比較的評判のいい店だったので、入ってみることにした。

あまり立地にはこだわっていないのか、2階で見かけることが多いが、今回のリロアンのヌアットタイもやはり2階にあった。

最初は、背中のマッサージだけを頼もうかと思ったが、色々考えた結果、1時間のボディーマッサージと、30分のヘッドマッサージの組み合わせのコースを選ぶことにした。

こちら合計1時間半で、料金は230ペソ。

日本円にして600円もしない金額で、90分間体をほぐしてくれることになる。

最初はまずスリッパをはきかえて、丁寧に足を洗ってくれる。

それからうつ伏せになって、足から始まり、背中に移り、その後も仰向けになって、腕や肩のマッサージをしてもらってから、膝枕のような格好で、ヘッドマッサージをしてもらっている間に、いつの間にか眠っていた。

マレーシアに住んでいる時も、何回かマッサージに行ったが、こちらタイ式のルーツを持つ店が多く、痛くて眠るどころか、ちょっとした嫌がらせのような感じを毎回受けていた。

しかしながらセブの場合は、スベリッシュマッサージとか、指圧とか、基本的なボディーマッサージというのは、あまり痛みを伴わないし、もっと軽くしてほしいという風に伝えれば、ちゃんとその通りにやってくれる。

そしてついには、今回ヘッドマッサージ中に眠るということで、とてもリラックスすることができた。

このヌアットタイというのは、アロマセラピー等も取り扱っているので、そういったものであったりとか、あるいはホットストーンという熱い石を使ったもの等もあるので、機会があればそこら辺もチャレンジしてみたい。

マッサージが終わった後は、水か温かいお茶を選べるというので、お茶を飲んでから店を出た。

ヌアットタイを後にして、あまりにも日差しが強かったこともあり、昼間だとは思いつつも、サンミゲルライトというビールを買って、それから鶏の丸焼きを購入し、ホテルに戻った。

ちなみに、サンミゲルライトは30ペソ、 鶏の丸焼きが160ペソだった。

たっぷりと2時間近くホテルの部屋を空けていたので、その間にクリーニングも終わっていて、ゆっくりとビールを飲みながら、鶏の丸焼きを食べた。

ちなみに、この鶏の丸焼きというのは、そのままの姿で出てくるわけではなくて、一言言えば、細かく切ってくれる。

この場合、カットという表現よりは、チョップという表現の方が一般的のようで、基本的には相手から切るかどうかということを聞いてくるので、そこでYESと答えておけば食べやすい大きさにしてくれる。

食事をするには困るリロアンだが、他にも豚肉を焼いたかたまりが売っていたりするので、そういったものを買ってきて、ホテルでがっつりと肉を食べるということには困らない。

逆にもう少し手の込んだものを食べようと思うと、このポブラシオン通りではなくて、もう少しセブシティ側に行かなくてはいけないので、あまり長居をするにはリロアンは不向きな模様。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ