ニュルンベルクは移住先としてドイツの中でも有力候補




2ヶ月ほど前にニュルンベルクに行って来たが、移住先としての可能性の視察も兼ねた旅だった。

他にもドイツは今までフランクフルトやミュンヘン、ケルン等を見て来たが、この町はその中でも住環境として魅力的な町だという風に感じる。



私が訪れたのは、紅葉の綺麗な秋だったが、城壁に囲まれた分かりやすい旧市街が城塞都市として非常に魅力的である事はもちろん、緑豊かなのがニュルンベルクの魅力の一つ。

フランクフルトのような大都市と比べると、のんびり暮らすのに適しているという印象を受ける。

私は仮に移住するとしてもニュルンベルクで就職をする訳では無いし、今の仕事をそのまま続けるだけなので、基本的にオフィスに出勤をするとか、通勤をするという事が無い。

基本的には、自宅で仕事をするしそれ以外はレストランやカフェに行って仕事をする事が多い。

ということで、住む環境は落ち着いているというのは重要な要素だし、空気がきれいであるにこした事は無い。

そう言った意味で、ニュルンベルクへの移住というのは相当に条件が整っているという印象。

緑との調和という事を考えても、とても住みやすい町であるという風に感じた。

東南アジアで緑豊かな町で暮らそうと思うと、利便性を著しく失う事になる事が多い。

例えば、以前に住んだセブシティの中でも、緑の多いエリアというのは外れの方まで行けばあるのだが、そこら辺は車でないと、もはや生活するのが厳しいレベルになる。

あるいは、マレーシアでもイポーのような中堅都市も見て回ったが、外国人が暮らして行くのには食の面を考えても厳しい。



それに対して、ニュルンベルクであれば料理も口に合うし、最近は一年のうち3ヶ月ほどヨーロッパで過ごすのが定例となって来たが、それだけの期間、現地の物ばかり食べていても全く飽きる事はなかったので、ちょっとした田舎暮らしをするという意味ではニュルンベルクの外れの方で暮らすのも良いし、もう少し利便性とか景観を重視するというのであれば旧市街の近くに住むというのもあり。

基本的な治安というのも大きな問題は無いので、移民や難民の問題で大きく危険に傾くような事さえ無ければ基本的には安全な町であると言える。



世界的に見て特に安心という訳では無いが、基本的な国際標準はクリアしている町なので、この点も大きなプラスになるほどの要因では無いが、かといってマイナス要因にもならないと言った扱いだろう。


大都市の利便性は必要なのか?

ドイツと言えば、フランクフルトが事実上最大の都市となっている。

もちろん首都はベルリンだが、人口や都市の規模としてはフランクフルトの方が上回り、空の便の就航数という事で考えても、フランクフルトは、ドイツはもちろん、ヨーロッパを代表する都市となっている。

では、このレベルの都市である利便性が必要があるかという事を考えてみると、正直なところ私には必要無い。

これまで、フィリピンで言えばマニラやセブに住んで来たし、他にもマレーシアの町に住んだり、あるいは1年半以上ホテル暮らしをしながら各地を転々としてみたが、あまり物を持たずにシンプルミニマムに暮らしている私としては大都市でショッピングをするという事もあまり無いし、中堅都市ぐらいの利便性があれば十分という印象。

その意味で言えば、ニュルンベルクは基本的な必要性を満たしてくれる町だと思っているし、いざとなればフランクフルトまで片道2時間の距離なので、季節ごとに一度足を運ぶぐらいの事はしてもかまわない。



さらに言えば、日本やアジアまで長距離便に乗るという場合もフランクフルトの空港までそう遠くは無い訳なのでそう言った意味での利便性もそこそこに高い。

別にわざわざフランクフルトに住まなくても、緑の多いニュルンベルクに住みながら必要なレベルの便利さは享受する事は出来る訳なので、それ以上大都市であるという事を求める必要が無いというのはこれまでの暮らしの結果として把握できていること。

そう考えてみると、やはり自然との距離の近いニュルンベルクというのは移住先としてドイツの中においても魅力的な町となる。



一方でプラハやブタペストと言った東欧と比べると物価が高く、5割増以上、場合によっては2倍ぐらいの生活費がかかるのでその点に置いては競争上、不利な点もある。

この辺りは、住む場所を選ぶ上で中々悩ましいところだが、出来る事なら東欧にもニュルンベルクをはじめとしたドイツにも、両方住んでみたいというのが率直なところ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ