ニューヨークでの食事についてアメリカ移住者に聞いてみた


※以下はアメリカ移住者の読者さんからの投稿

ニューヨークでの食事はですね、よく日本でもアメリカ人の食事といえば、という話がたまに起きると思うんですけれども、テレビとかで。

本当に日本人が思い描いている通りに、ジャンクフードがメインです。

私は今、アメリカの大学に通っているんですけれども、カフェテリア(食堂)で3食食事を摂っているんですね。

まだ、ニューヨークの私の大学は良い方で、サラダバーがあったり、野菜中心のものを置いてくれているので、体に良いものがある方なんですけれども、それでも、ハンバーガーだけを作っている場所があって、ハンバーガーの隣りにハムとか8枚、9枚ぐらい入れて作るサンドイッチのコーナーもあるんですね。

他のメインの所でも、ふんだんにチーズとか油を使った料理が並んでいて、見るからに油が浮いている。

これが基本的にアメリカで食べられている食事ですね。

いわゆる肥満になるイメージは間違っていませんし、不健康な傾向があるのも、こちらに住むようになってから痛いぐらいに感じています。

移住前は誇張されたイメージかと甘く考えていましたが、超大国とは思えない貧相な食生活なのが現実です。


日本ではよく生魚を食べたり、魚を塩焼きで食べるすごくあっさりなものが多いんですけれども、そういう調理をされたものは、まずほとんどないです。

ニューヨークでは肉に関してもすごく脂身が多いですし、その脂身が多いところに更に大量な油で焼いていたりもしてますね。

前に、実際調理しているところを少し見てたんですけれども、アメリカの料理ってほとんどで多くの砂糖が使われているんですね。

すごい量の砂糖を入れるんです、普通の料理にでも。

あまりにもちょっと肉とかのそういうメインの食事の上に、砂糖は取っていたらきついなと思って、ベジタリアン用のごはんを一時食べていたんですけれども、それをアメリカの人に言わせると、肉とか魚を使っていない分、もっと砂糖と色々な化学調味料を使っているという話を聞きました。

なので、野菜が多く使われているから健康的な食事というのも、アメリカでは決して言い切れないものです。

本当にこのオーガニックとか体に良い野菜とかを食べようと思うと、ニューヨークではすごく値段が高いんですね。

スーパーに行っても、値段が倍ぐらい違うので、そう思うと安い野菜っていうのは、農薬がたくさん使われている、腐りにくいために。

ですので、決して体に良いとは言えないですね。

アメリカでは防腐剤もたくさん使われています。


実際に、食事に関しては、大きなスーパーに行くと、安い食べ物ももちろん売っているんですね。

冷凍食品とかも意外と安いんですけれども、基本的に基準は体に悪い食べ物ほど安くて、体に良い食べ物ほど高いです。

貧富の差によって食べるものが違っていて、高所得者層ほどエネルギーとか、栄養もマネジメントしている印象です。

学生だと、どうしても学食等での食事になってしまいますし、オーガニックにお金をかけたりもできないので、カロリー量は十分すぎるほどに足りるのですが、ビタミンやミネラルはどうなのだろうとか、防腐剤や保存料、添加物等は心配です。

ニューヨーク発のダイエット法や健康法というのも、あくまで一部のセレブ向けのもので、中流以下のニューヨーカーにはあまり関係ありません。


よくアメリカというのは、肥満大国と言われるんですけれども、貧困層ほど肥満な人が多いんですね。

金持ち層、上流階級になればなるほど、意外と痩せている人が多いんです。

贅沢な暮らしが出来るにもかかわらず。

でも、それはやっぱり、それだけ野菜とか良い物にお金をかけられるから、体の体型を維持できる。

でも、貧困層は少ないお金でごはんを食べなくちゃいけないので、どうしてもジャンクフードとか、安い食べ物になるんですね。

大量に肉とかが使われたホットドッグやカットしたピザがニューヨークでは1ドル、2ドルで売っているので、やっぱりそういうものを食べるしか生きていけない。

なので、実際にここで健康的な生活をしようと思ったらお金が必要ですし、もし、大学のカフェテリアで食事を摂ろうと思うのであれば、よっぽど気を付けてコントロールしないと、すごく砂糖とか油が使われたものばかりの食事にもなります。

だからといって、サラダばかり食べていても絶対に栄養的にも足りないので、アメリカの食事に関しては、外国人にとって、ずっと難しい課題ではないかなと思いますね。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ