ニューヨーカーの食事は本当に不健康なのか




一般にアメリカ人が食べる食品というのは、貧困層を中心に非常に栄養が偏っているということを指摘されることが多い。

その最たるものがファーストフードで、マクドナルドを中心として、健康を害するようなものがたくさん含まれていて、トランス脂肪酸であるとか、保存料であるとか、添加物とか、そういったものが加えられていると言われている。

そしてこの国に実際に来てわかったことは、確かにファーストフードというのは、非常に充実しているということ。

特に多くに見られるのは、ハンバーガーとピザで、ピザに関しては、1スライス99セントで売っている店をいくつか見かけた。

それ以外にもホットドックであるとか、ファラフェルとか、そういったものを売っている屋台等が多く見かけられる。

しかしながら、ホットドックに関して言っても、多少は野菜を入れているような店もあったりとか、あるいは、同じファーストフード的な店であっても、メキシコ料理の店に関して言うと、タコスとかブリドーとか、そういったものの中にかなり大量に野菜が入っていたり、更に言うと、ベジタリアン向けのメニューもあるので、そういったところに気を付けておけば、1000円弱の食事であってもそこそこ健康的に出来たりする。

少なくともヨーロッパに比べて、著しくアメリカ人の食事が不健康な感じがするということはないし、ニューヨーカーに関して言っても、意識の持ちようによって、健康的にも不健康にもなるのではないかと思った。

もちろん本当の意味で、健康的な食事、例えばオーガニックな食品を使ったレストランであるとか、そういったところに行くには非常にコストはかかるし、普通のハンバーガーであっても、1000円ぐらいすることは通常なので、そういった意味でコストの安い国ではない。

しかしながら、他国に比べて著しく食の安全性が劣るとか、そういった考え方には若干違和感もある。

例えば、新興国のフィリピンであれば、もっと露骨に不健康なファーストフードも多く、鶏肉と米だけとか、そういった野菜が一切ないもしくは、若干カボスがついてくるとか、そのくらいしかない場合が多いので、そういったところと比べると、決してアメリカというのは選択肢が狭いわけではない。

但し、この国は間違いなく先進国であるわけだし、経済の強さで言えば世界一と言えるぐらいなので、その割にはかなり貧しい食生活という部分があるのも否めない。

しかしながらアメリカは、二極化どころか四極化が進んでいるとすら言われている国なわけで、ファーストフードを中心としているのは、当然ながらその中の下の方にあたり、そこを見てアメリカ人やニューヨーカーの食のスタイルを判断するというのもおかしな話。

最下層というのは、フードスタンプ等で食いつないでいるような状態なので、ファーストフードをメインにしているのは、一番しただけではなく、下から二番目の層も同様。

そういった意味で言うと、人口的には決して少なくはないし、基本的にはピラミッド状で階層分けがされているわけなので、下の層ほど人数的には多いということになる。

そういった意味では、確かにファーストフードの利用層は多いし、更に言うと、朝マックのソーセッジエッグマフィンが、2つで3ドルということで、むしろこの辺に関しては、フィリピン等の新興国以上に、価格が安くなっているという不思議なことも起きている。

その裏で、どのような管理体制が敷かれているのかというのはかなり怪しいところがあるし、確かに添加物等のリスクというのは、拭えないところはある。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ