ニュルンベルクはすっかり秋模様




夕方にホテルについて、ネット接続を試みて失敗したり、荷物を軽く整理したりしてから町に出た。

夕食をとるということがメインの目的ではあったが、それ以外に翌日の朝食を買うことであるとか、あとは、その日の夕食をとるということも重要なテーマの一つ。

そんなこともあって、せっかくなので旧市街をブラブラと歩いてみることにした。

宿泊していたインターシティホテルからは、2分ほどで旧市街まで到着することができるので、この点においては非常に利便性が高い。

この日は土曜日だったが、店は普通に開いていて、夕方であってもとても賑わっている町だった。

そして印象的だったのは、城壁の傍の木々がすでに黄色くなったり赤くなったりして、紅葉がかなりの部分まで進行していたということ。

更に言うと、翌日の日曜日に関しても、朝から出かけてみたが、城壁の北部にある城の壁については、蔦のようなものがからまっていて、それ自体が真っ赤に紅葉していて、とてもきれいな光景だった。

ニュルンベルクの旧市街の周辺というのは、意外にも緑が多くて、そこら辺に散歩道もできていたりもしたので、そういった意味ではかなり暮らしやすい町なのではないかという印象を受けたし、紅葉もとてもきれいになっていた。

この3年ほどは、季節のない国に住んでいたので、こういった秋の気配というのを感じることはなかったし、そういった意味では新鮮に感じている。

といってもこれまでポーランド以降は、全て秋だったり冬だったりしたので、特別ニュルンベルクだけが斬新だったというわけではないものの、他の町とはまた違った趣があったのも事実。

この旧市街の中には川も流れていて、その川にかかっている橋というのも非常に美しく、そこら辺は一見の価値があるという風に感じたし、おそらく秋かもしくは雪が降った冬の日か、どちらかが一番見所になるのではないかという感じがする。

この町はおそらく、春よりも秋の方が訪れるには適しているのではないかというのが、現地を見ての感想。

単純に物価のことに関して言うと、やはりチェコのプラハであるとか、ポーランドのクラクフに比べて、ニュルンベルクというのはだいぶ割高で、5割から7割ぐらいはレストランの金額というのも高くなる。

下手をしたら倍ぐらいはかかるのではないかという感じもするので、そこら辺に関して言うと、隣接している東欧の国に比べて、かなり割高になっている。

これも当然の話で、ドイツと言えば、EUの中でも経済を牽引しているぐらいの国なので、物価がそこまで安いわけでもない。

そんなことを色々思いながらも、とりあえずはドイツまで来たことだし、ソーセージが食べたいということで、1日目の夕食はスープとホットドッグになった。

意外にもこのニュルンベルクにはアイリッシュパブが数多く存在して、アイリッシュシチューであるとか、鮭の料理とか、そういったものも気軽に食べれるようになっている。

アイリッシュパブを見かけることは度々あったものの、ニュルンベルクにおいてはかなり軒数は多い気がするので、気の合う国同士なのかもしれない。

考えてみれば、アイルランドにしろドイツにしろ、イメージとしては手堅くまじめで、そこまで陽気ではないというか、おちゃらけてはいない国民性という部分があるので、そういった共通点がお互いを好ましく思っているというところがあってもおかしくない。

更に言えば、適度に距離が離れている国同士なので、近隣の国のような敵対関係にあったり、ライバル意識があったりしないところも、こういった関係の礎になっている可能性というのは十分にありえる。

あまりに近すぎる国同士というのは、過去に遺恨がどうしても残ってしまっている部分があるので、アイルランドとドイツという距離は、そういった意味ではちょうどいいのかもしれない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ