フィリピン・マカティのワンセントラルの引き渡し開始


フィリピンのマカティに移住してから、
TMSが販売中のワンセントラル(One Central)から
徒歩2分ほどのコンドミニアムに住んでいる。

こちらに住むようになった2013年3月には
ワンセントラルの外見はほぼ完成していたものの、
シートが貼ってあったりした状態だった。


それから1年弱が過ぎ、
低層階から引き渡しが開始することになった。






ジョホールバル・マカティと移住してきたのは
投資家としての修行が目的の1つ。

そのため、フィリピンではモデルルームを見て回ったり、
新しく売りに出されるコンドミニアムの資料を比較しているが、
ワンセントラルの強みは立地。

マカティはフィリピンの中でも商業都市として一等地だが、
ワンセントラルが位置するのはRCBCプラザの裏手。

まさに中心部となる。



アヤラ通りには商業ビルが立ち並ぶが、
そこから一本入った通りにワンセントラルはある。

立地的には最高の場所。


ショッピングモールのグリーンベルトまでは徒歩10分弱。

リトルトーキョーまでは8分程度。

食事に行くにも困らない。



このへんはタクシーも数多く走っているので、
フィリピンの人件費の安さを感じながら
タクシー移動ももちろん可能。

そんな場所にある。



ワンセントラルの中も視察したかったが、
内装工事中だったので
スリーセントラルのモデルルームにも行ってみた。

現在、こちらはメガワールドがワンセントラルに続き
ツーセントラルを開発中で、
スリーセントラルまで建築が決まっている。

名前の通り、数字が大きくなるほど工事着手が後になるので、
完成時期も遅くなる。



TMS社がマカティで仕かける物件としては、
他にビーコンもある。

こちらはリトルトーキョーのすぐ脇。

徒歩1分程度なので、
食事のことを考えるとこちらの方が立地はいいかもしれない。



一般的な地価という意味ではワンセントラルの方が価値があるが、
生活環境としてはビーコンも魅力がある。


フィリピンではTMS社以外の不動産についても、
マカティを中心に情報を集めてきた。

私は一個人投資家なので仲介等は行っていないが、
自分の体験をまとめたメルマガを出しているので
興味があればどうぞ。


メール講座の詳細はこちらをどうぞ

※現在の私の投資状況も上記で明かしている。



フィリピンは不動産投資で注目されているものの、
すでに落とし穴のようなものも見えてきている。

チャンスが大きいのは事実な反面、
適当にコンドミニアムを買っておけば
儲かるという時代は終わった。


これはワンセントラルについても言えることだし、
マカティに次々に建築されている
新規のコンドミニアムも同様。


そんな中で生き残れる不動産と、
そうではないもの。

こうしたことも現地在住者の目線で
メルマガ内では語っている。



2013年はボホール島の地震やレイテ島の台風被害など、
フィリピンは自然災害に見舞われた年だった。

しかし、マニラはどうだったかと言えば
目立った被害は特になし。


マカティエリアでは大きな水たまりを1つ見かけたぐらいで、
特に不自由もなかった。

そんな生の現地情報もお伝えしていこうと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ