大人の時間の使い方が私だけずれている気がする




一般的に、大人の時間の使い方としては、隠れ家のような店でゆっくりと羽を伸ばすとか、お金をかけながらこだわった趣味を持つといった意味で、使われることが多いように思う。

つまりは、経済力を基礎にして、多少なりともラグジュアリーな時間を過ごすとか、あるいは経験を元にして、若者とは一味違った趣向を凝らした楽しみをするということで、大人の時間という風に、表現しているように思える。

しかしながら私が思う大人の時間というのは、全く定義が異なっている。

それは小手先の限られた時間をどう過ごすかということではなくて、人生におけるライフプランを根底から見直すというところにポイントがある。

自分でスケジュール管理ができること

学生時代であれば、親の扶養に入っているわけだし、管理下に置かれるのは仕方がない。

学校もあるし、人によっては部活に入っていたり、習い事があったりといったことで、なかなか自由に予定を管理することはできない。

しかしながら、成人して自分で生計を立てることができるようになれば、そういった制約がなくなる。

もちろん多くの人はサラリーマンになるわけなので、出社時間も帰宅の時間も、主に会社に縛られることになる。

名目上の出社時間さえ守っていればいいという職場は稀なので、事実上の出勤時間とか、退社の時間も日によってまちまちとなる。

しかしながら、それが理想的な大人の姿なのかと言うと、私はそうは思っていない。

以前にサラリーマンをしていた頃も、こんな生活を40年も続けるのはうんざりとしてしまい、独立することしか考えていなかった。

その夢が叶って、7年以上が経つが、独立してからは自ら全てのスケジュールを管理することができるので、大学生の頃よりも、時間の面において明らかに自由になっている。

それは仕事を適当にさぼるという意味ではなくて、プライベートと仕事という両極端に分ける必要もなく、二つがそれぞれ融合しているから。

遊びの部分で得た経験が仕事のアイデアに結びつくことも多いし、海外に出て気に入ったカフェや図書館で仕事をしていると、それ自体が楽しみになる。

そういった意味で、仕事と遊びの境界線というのは、どんどんうやむやになってきて、スケジュールも分断する必要がなくなってきている。

その為、唐突に友人から誘われて、その日のうちにバンコクからフォアフィンという、車で片道4時間かかるビーチリゾートまで移動して、5泊ほどしてきたりとか、マレーシアに住んでいる頃でも、急にマカオに行くことになったりとか、そういったことが普通になった。

これが私の思う大人の時間の使い方で、週末の3時間だけどうにか寛ぐとか、そういったことは大人でも何でもなく、ただ単に不自由な生活を送っている人が、いかにしてストレスを溜め込まないように、生活習慣を作っていくかということに過ぎないのではないかという風に感じる。

大人だから不自由な働き方をするのではなく、むしろ大人だからこそ自由に自分の責任の元で、ライフプランを選択し実践していくというのが、本来あるべき姿なのではないかというのが私の考え方。

誰が人生をコントロールするのか

コントロール不全というのは、人間にとって大きなストレスになる。

会社から収入や生活の全てを与えられていると思えば、将来に不安を感じるのは当然のこと。

自分の人生でありながら、誰かに首根っこを掴まれていて、楽しいはずがない。

そういった意味で考えても、いかにして自分が人生をコントロールする立場になるのかということは、とても重要な意味を持つように思う。

逆に仕事でまだ大きな結果が出ていなかった頃でも、人生をこれからコントロールしていくことができるという自信を持って、独立していたので、不安よりも希望の方が大きかった。

これはサラリーマン時代には得られなかった感覚。

大人として、時間を有効活用していくということは、限られた人生を自ら選択して、生きていくということでもある。

ほとんどの人は、既製品のようなライフプラン、それも既に破綻しかかっているライフプランをなんとなく選んでいる。

実際には選択の結果というよりは、なんとなく流されている結果として、そのようなレールに乗っているということが多いと思うが、定年までの時間を40年として考えると、人生の半分はそれで終わってしまうことになる。

しかもその頃には、60歳とか65際とか、今20代の人であれば、もしかすると定年の年齢も60歳とか70歳に引き上げられている可能性もあるので、そのくらいの年齢までを全て望んでいるわけでもないライフスタイルで、過ごしてしまうことになる。

そのリスクというのは、非常に大きい。

大人だから我慢が当然という、どこから湧いて出たのかわからない根拠不明な常識に従う前に、それを押し付けてきた誰かのライフスタイルが理想的であるのか、あるいは尊敬できるのかという視点で、一度考えて見た方がいいのではないかという風に思う。

世の中の常識や多数派と異なっている道を、平然と選んで進んで行くというのも、大人だからこそできる選択。

そこには責任やリスクが伴うし、だからこそ価値があるとも言える。

時間の使い方は、そのまま人生の質を決めることになるので、適当に扱うことはできない。

しかし日々の些細な出来事に忙殺されて、本当に重要な行き方とか、ライフプランといったものを、軽視してしまっている人があまりにも多いのは、残念な限り。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ