LCCでフィリピンに行く時に少し不便なこと




フィリピンの首都マニラに移住して、1年間生活を送った後も、マカティだったり、セブだったり、パングラオ島だったり、足を運ぶことがあり、その度に他の国からの移動をすることになる。

LCCを使うことが多いが、フィリピンの場合は、セブパシフィックという会社もあるし、そこと提携しているタイガーエアやスクート、更にはマレーシア資本のエアアジアも就航している。

タイガーエアとスクートは、シンガポールの資本で、シンガポール航空の子会社になる。

セブパシフィックの場合、確か東京と大阪から直行便が出ていたと思うし、そういった意味でフィリピンの中でも、代表的な町であるマニラやセブには行きやすいし、そこから国内便に乗り換えて、ボラカイやエルニドのようなもう少しディープなところに行くこともできる。

そういった意味で言うと、日本とはそれなりに往復をしやすいものの、私のように、他の東南アジアからフィリピンにLCCで移動するとか、逆にフィリピンを出て他の国に行くという時には、少しばかり面倒なところがある。

というのもセブパシフィックは、本数が限られているし、エアアジアは原則としてクアラルンプール経由。

タイガーエアやスクートは、大抵の便が シンガポール経由ということになり、バンコクのような大きな町ですら、LCCだと直行便がないというのが現状。

東南アジアの中でも、へそと呼ばれるような位置にあり、経済規模の大きいタイの首都バンコクの場合、エアアジアはここを起点にして就航している、プロンペン行きやシムリアップ、ホーチミン行きの便などもあるが、残念ながらセブについては就航していない。

そのため、バンコクからセブにLCCで移動しようとすると、クアラルンプール又はシンガポールを経由しなければならず、少々面倒な思いをすることになる。

更にそこからの便も本数が限られているため、同じ日の中で移動を済ませることができず、結局次の移動の時には、バンコクからクアラルンプールに移動をして、それがだいたい夜7時ぐらいの到着となり、空港内で食事をしてから、近くのホテルで1泊をして、翌日に再びタクシーで空港に戻ってきて、セブに飛ぶことにした。

こうして考えてみると、フィリピンにはセブパシフィックというLCCがあるわけなので、ここの就航便が増えれば、だいぶ利便性が高まるし、可能であればマニラ一極集中ではなくて、国際空港のあるセブやボラカイにも、就航便が増えると、随分と便利になる。

今後はパングラオ島にも国際空港が出来る予定だし、そこら辺にどれくらいの国際便が発着するかというのは、かなり注目している。

空港という箱があったところで、それが活用されなければ意味がないし、LCCについては、後回しにされる可能性もあり、どういった展開になるかというのは、まだまだわからないところはある。

ちょっとやそっとの移動であれば、体力的にも何の問題もない人にとっては、経由便でも苦にはならないのだろうが、乗り物酔いをする上に、移動疲れがひどい体力のない私のようなタイプにとっては、極力直行便で移動をしたいというのが、実際のところなわけで、まだ発展の余地のあるフィリピンについては、今後も様々な面で状況は変わっていくことを期待している。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ