フィリピンにもカプリチョーザがあった


マカティのグリーンベルトというショッピングモールで食事をする場所を探していたら、3階に「カプリチョーザ」というイタリアンレストランを見つけた。

こちらは日本でもおなじみの店で私も行ったことがある。

懐かしくなって入ってみたところ、日本と変わらない味のピザを楽しむことができた。

私が注文したのはアンチョピピッツァというものでそれとトマトスープを注文した。

かなり味はレベルが高く、日本人の舌からしても十分に満足できる内容だった。

金額は1200円程度ということでフィリピンの物価の中ではかなり高額。

というのもそもそもこのグリーンベルトというショッピングモール自体が、外国人向けのものなので全体的に入っているテナントも高級なところが多い。

カプリチョーザというのは日本においてそこまで高級ではないものの、基本的に進出する国によって狙うターゲット層というのをこういった店というのは変えていくのでフィリピンにおいてはカプリチョーザというのはかなりの高級店ということになる。

ちなみにそのすぐしたにある2階には、「麺屋五右衛門」が進出していてこちらはもう少し安い価格帯でやっている。

サラダであれば100ペソということで200円ちょっとでレタスと大量に鰹節がかかったサラダがやってくる。

ただし、こちらの五右衛門の接客の質というのはかなり怪しく、店員がいかにも自分達はできる人間だというアピールをしてくるところはあるのだが、その内容というのはかなり怪しい。

ガラガラの店内であるにも関わらず、注文した品が最後まで出てこないとか、そのことを会計の時に指摘すると、そこから奥に戻ってから全然人が戻って来ず、10分近く待たされたりとか、そういった残念なこともあった。

やはり日本のブランドを持ってきてもそのまま同じレベルで提供できる訳ではなく、ある意味でいうとそのブランドの名前が汚れる心配があるのではないかと思う。

やはり店内は比較的日本人のお客さんというのも多いし、麺屋五右衛門と同じレベルだと思って日本と変わらない味を楽しみに来たのに、接客のレベルが全然違うというのはかなり残念なところもあるので、ブランド名をそのまま使うのはかなり一長一短なところがあると思う。

日本人が少ない国であればともかく、フィリピンのような日本人旅行者や移住者が多い国においては下手なことをすると今現在のようにTwitterやFacebookで簡単に情報が拡散されてしまうと企業としてはリスクがあるのではないかと思う。

恐らく今後はこういった問題も現実に起きてくるのではないかということを危惧している。

個人的にはこのフィリピンで食べるのであれば、同じイタリアンの店同士でも麺屋五右衛門よりもカプリチョーザの方がおいしいのではないかと思っている。

ちなみにカプリチョーザはランチメニューというのもあるので4つのメニューの中から好きなものを選ぶということも可能。

こちらは平日もやっているのか土日もやっているのかは不明。


ページの先頭へ