フィリピンの不動産投資もそろそろ佳境の時期に入ってきた




新興国の不動産バブルに乗るために、フィリピンに不動産投資をするという人が未だにいるが、マニラの中心部の一角マカティで、1年間投資修業として生活をし、その後もセブ島やその他のフィリピンの島に足を運んで感じることは、そろそろフィリピンにおいても、不動産投資で利益を出すのは、難しいタイミングに入ってきているということ。

もちろんこれは、チャンスが皆無という意味ではなく、精査して物件を選べば、インカムゲインにしろ、キャピタルゲインにしろ、得られる可能性はまだまだ残っている。

というよりも、成熟した不動産市場においてすら、そういった物件というのは当然残っているし、バブル崩壊から低迷し続けた日本の不動産市場においても、一部の投資家は利益を出すことに成功してきた。

しかしながらそういった一部のプロフェッショナルや、あるいはただ単にラッキーだった人達を除けば、多くの購入者が損をしたり、苦戦を強いられるという状況に、日本が置かれ続けたように、フィリピンもどちらかというと、かつての日本に近い市場になりつつある。

たった数年間の間に、それだけ状況が激変することについては、異常を感じるかもしれないが、アメリカが行っていたQE、つまり紙幣をジャブジャブするために、輪転機を回し、インフレを起こしていくという政策を各国が真似していたことによって、世界中が金余りの状態になっていた。

そして大量の資金は、流入先を求めるので、その先となったのがフィリピンを始めとする、新興国の不動産投資市場を含めた投資先ということになる。

こうして割安だったマニラやセブの不動産も、すっかり値上がりしてしまって、一部のコンドミニアムは、東京と比べても見劣りしないぐらいの価格になってきている。

ではマニラが、東京並みの生活水準になっているか、ということになると、そうは言えない。

確かにマカティやグローバルシティというのは、とても綺麗で治安の良い町ではあるものの、ニノイアキノ国際空港は、世界の空港ランキングでも、ワースト1位に選ばれたこともあるほど評判が悪いし、確かにターミナル感は離れているし、中継となるバスは事実上不定期にしか運行していないし、タクシーに乗ればぼったくられるしでかなり不便。

市内は渋滞がひどいし、公共の交通機関として電車があるにはあるものの、外国人が抵抗なく乗れるほどの快適さや安全性というのは確保されていない。

そんな中で、高騰しすぎてしまったコンドミニアムの価格を見ていると、フィリピンに不動産投資をするのは、相当に物件を精査しない限りマイナスに陥るのではないかという風に感じる。

これは別にフィリピンに限ったことではなく、タイやマレーシアでも同じことが言えるし、インドネシアやカンボジア、ミャンマーといった国についても、程度の差や性質の少々の差はあるものの、大まかな方向性としては一致するところがある。

知人から聞く話では、未だに日本のテレビでは、フィリピンの不動産投資が熱いとか、割安で二重生活を送ることができるといった、特集が組まれたりもしているらしいが、それはかなり遅れている情報だし、セブ島のイメージなのも、ごく一部の綺麗な場面だけを切り取ることによって、かなり情報操作されてしまっている部分があるように感じる。

そこら辺はただ単にマスコミの責任を追及するよりも、ある程度情報の受けてのリテラシーにも、左右されるところがあるのは事実だし、一方的には発信者だけを糾弾する気もないが、少なくとも数年前と比べて、不動産のマーケットが激変しているということについては、投資をする前に考えておく必要がある。

また、日本円の資産を使って、コンドミニアム等を買う場合であれば、当然ながら両替をすることになるが、1ドル70円時代の円高だった頃と比べると、為替の面でも非常に不利になってきており、その点についても留意しなければならない。

たまたま友人や知人が、おいしい思いをしたから、それに誘われてお金を出したいという人もいるが、たった数年間に思える差で、フィリピンを始めとした新興国の事情が激変する場合があるということを、頭の片隅に入れておかないと、こんなはずじゃなかったと後悔するはめになり兼ねない。

フィリピンの場合、不動産の仲介会社が、かなり悪質な営業を行っている場合もあり、誠実にリアルタイムのマーケット情報を伝えて、安易に物件を買わないように注意を換気しているところもあれば、甘い言葉で無責任に勧誘してくるところもある。

この点においても、マニラやセブ、あるいはボラカイ等で投資をする場合には、注意しなければいけないところとなる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ