フィリピン人の間で香港旅行が人気になっている




まだまだ全体として貧しい国とはいえ、フィリピンにおいても富裕層や中間層の数というのは年々増えてきている。

その為、海外旅行をする人というのも珍しくないし、実際私がマカティのレガスピチクで借りていたコンドミニアムのオーナーは、夫や息子を連れて日本に旅行に来たことがあると言っていた。

オーナーというのは、フェデラルランドという大手のデペロッパーで働いている管理職で、会計のバイスマネージャーをしていた。

夫は以前、靴職人をしていたというが、中国に仕事を取られて廃業し、今は特に働いていない模様。

そして息子は、20代後半でIT系の企業に勤めているという話だった。

一度グリーンベルトにある焼肉屋に招かれて話をしたが、その時聞いたところではディズニーシーに行ったりとか、日本旅行を満喫したという。

当時はまだ円が高かったので、今に比べてフィリピン人が日本に旅行に行く場合の経済的な負担というのは大きい。

それでも家族で日本まで行って、ディズニーシーを満喫したりとか、旅を楽しめるぐらいにフィリピン人の所得というのも上がってきている。

そのオーナーというのも、あくまでも中間管理職という位置づけであって、大手デペロッパーの役員とか、あるいは大口の株主とか、そういったものではないので、マカティにおいてもそこそこ給料のいい会社員という立ち位置になる。

そういった人が、日本旅行を含めて、海外旅行を楽しめるだけの経済力を持っているというのが、現在のフィリピン。

まして今のように日本が円安になれば、ますます来やすくなることだと思う。

そして、観光ビザも緩和されているので、そういったことも追い風になるかと思いきや、この観光ビザについては、緩和されている条件として、特定の旅行代理店のパッケージツアーに限定されているため、フィリピン人が日本に来るためのハードルが、一様に下がっているというわけではないらしい。

そして彼らにとって、どこが人気の旅行先かと言うと、海外においては香港であるという。

香港の場合は、実際私も何度も行っているが、ホテル代がだいたいマカティの3倍から4倍ぐらいになる。

安いホテルは驚くほど汚いし、スーツケースを開くことができないほどに狭い。

かと言って、1万円ちょっとぐらいを払ったところで決してコストパフォーマンスの高い部屋とは言えないし、宿泊費がとても高いというイメージがある。

それに比べると、マニラの一等地の一部であるマカティの方がずっとホテル代というのは安い。

それでもフィリピン人の間で香港が人気なのは、マニラに比べると町がきれいであるということと、ショッピングが安くでできるということらしい。

香港は宿泊費が高いものの、確かに物価は比較的安い。

何しろ世界の工場と呼ばれる中国と隣接しているし、その分輸送コストも安い。

結果として買い物をするには、割安感はある。

但し土地が限られているので、コンドミニアムを借りる場合とか、ホテルに宿泊する場合といった宿泊費の部分というのが、割高になっているだけで、それ以外の交通費であるとか、食事代が高いということはない。

こういった点が人気を集めて、フィリピン人の間で香港は人気の旅行先になっている。

それ以外にも国内旅行ではどこが人気を集めているかというと、やはりボラカイであるという。

この島は欧米人からも高く評価されていて、世界中から人が集まってきているが、当然ながらフィリピン人の間でも人気があり、更に言えば、セブパシフィック等を使うことによって、とても安くで国内の移動はできるので、1月から5月という乾季においては、人気の旅先となっている。

他にもフィリピンというと、先日行ってきたパングラオ島であるとか、セブ島、ダバオ、イロイロ島などのリゾート地があり、海外からの旅行者だけではなく、フィリピン人の間でも旅行者が増えている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ