フィリピンの携帯電話事情をマニラ在住者が語ってみた




マニラのマカティに移住をしてから、フィリピンの携帯電話の会社のSIMを購入した。

私の場合、iPhoneをマレーシアで購入していたので、元々がSIMフリーで、その国でSIMさえ購入すればそのまま使えるようになる。

日本から持ってきた携帯電話の場合は、SIMロックがかかっているかによって、こういった使い方ができるかどうかというのは変わってくる。

ロックがかかっていないものであれば、小さなチップであるSIMを購入して、それを差し込めばいいだけだし、ロックがかかっている場合というのは、特別な処置を取らないと使えないということになる。

もっともフィリピン国内でも、千数百円とかそのくらいで安めの携帯電話は売っているので、そういったものを買った方が早いこともある。

日本からフィリピンに旅行に来ただけであれば、ドコモやauやソフトバンクの携帯電話をそのまま使って、割高の海外通話をするというのも一つの方法ではあるが、もしある程度の量通話するのであれば、安い携帯電話とSIMを購入してしまった方が、結果として安くつく場合もある。

このSIMというのは、各通信会社が販売しているが、フィリピンの中で大手なのは、スマートとグローブ、それからサンの3社。

マカティの町を歩いていても、よく広告や看板を見かけるので、この3つが勢力争いをしているというのがわかる。

基本的にサンよりは、スマートとグローブの方が大手ということになる。

以前の日本で言うと、ソフトバンクのような料金を安くして、通話の質というか電波が届く範囲を限定しているのがサンという会社。

私が使っていたのはグローブというところだったが、ここはあまり良い印象は受けなかった。

元々購入した時に、ネット回線を使えるプランということで依頼をしておいて、更に言うとiPhoneでただ単にネットにつながるだけではなくて、テザリングでパソコンでもネットにつながるようにプランを組んでほしいという話をしていたのにも関わらず、結局テザリングはできないという結論に至った。

しかもそれは、SIMを切ったあとだったので、返品もできず、はっきり言えば不良品を売りつけられた感じだった。

私はiPhoneでネットを使うということは基本的にしないので、通話だけのプランに申し込んだが、不動産会社等に電話番号を教えなくてはならず、他の会社に乗り換える前にその番号を使っていたら、結局他社に切り替えるタイミングを逃してしまった。

というのも、SIMを変えてしまうと、電話番号そのものが変わるので、いちいち人に通知しなければいけない。

もうかかってこないような人にまで連絡をするのも、相手を煩わせるだけだし、そこら辺の判断も必要になり、いちいち個別にSNSを送るのも大変なので、気に入らないながらも結局グローブを放置するような形で使い続けるということになった。

フィリピン人に話を聞いていると、サンを料金が安いので、マカティなどの都市圏に住むのであればそれも有りという話だった。

それ以外であれば、グローブもスマートもそこまで大差はないので、どちらでもいいのではないかという意見が多かった印象。

なお、20階ぐらいの位置にあったコンドミニアムの部屋でも、問題なく電波は入るし、基本的にマカティの市内にいる時であれば、地下以外では通話ができなくなるとか、そういったことはなかった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ