フィリピンで食べる寿司が美味しい


フィリピンのマニラに住んでいると、様々な日本料理店で、寿司や刺身を食べることができる。

価格の面で言うと、決して安いわけではなく、だいたい日本と同じぐらいの料金はするものの、クオリティーもほぼ同レベルで食べることができる。

日本の中でも、いわゆる一流と呼ばれるような店のレベルは、さすがにこちらでは味わうことができないものの、単価が1000円、2000円ぐらいの一般的な店のレベルであれば、こちらでもその味を再現することはできている。

例えば、リトル東京のはずれにある[さいか]という店では、だいたい600円〜700円ぐらいの金額で、まぐろとサーモンの寿司の定食であるとか、あるいはもっと色々な寿司が入っている定食メニューというのも用意されている。

これはひじきやかぼちゃと、後はサラダ、それから少しの果物と、味噌汁も付いているので、それなりにフィリピンにおいては、リーズナブルな価格となっている。

しかも、このサーモンやまぐろというのは、かなり脂がのっていて、ネタも新鮮なのではないかと思う。

実際、週に2回、3回食べていても全く飽きないし、個人的には非常に気に入っている店。

こういった店が揃っているっていうのが、私がなかなか日本に帰らない理由でもあるのだが、もはや、日本での暮らしをフィリピンで再現することができてしまう。

ちなみにフィリピンで、寿司や刺身を食べると、基本的に日本とあまり値段が変わらないということを先ほど言ったものの、一部そうではないものもあって、例えばうにというのは、なぜかフィリピンでは非常に安い。

例えば、うにがたくさんのっているうに丼が500円ぐらいで食べられるとか、こういったことというのは、なかなか日本では体験できないので、フィリピンに来た際には日本料理屋に入って、そういったメニューを頼んでみるというのも一つの方法ではないかと思う。

但し、日本に比べると質は落ちるところがあるので、うにに関しては、質よりも量という考え方であれば注文するといいと思う。

逆に、本当に美味しいうにを食べたいということであれば、やはり日本の方が向いているので、その点についてはフィリピンでのうにに、あまり期待はしない方が得策。

ここら辺は風土の問題もあるし、フィリピンでもうにをとることができるものの、その身があまりつまっていないとか、そういった質の部分においてはいまいちというのが実際のところ。

それでも、費用対効果ということを考えると、決して悪いわけではないし、フィリピンのビールであるサンミゲルライトを飲みながら、うにを楽しむというのもそれはそれでいいのではないかと思う。


ページの先頭へ