フィリピン視察や不動産の下見ツアーの落とし穴




不動産投資を考えている人にとって、
フィリピンというのは魅力的な国。

私自身、この国には
不動産と事業投資をそれぞれ2件ずつ行っている。

そのため、視察のためにやってきて、
下見ツアーに参加する人も少なくない。

私もそうしたものを利用したこともある。



元々、マカティに投資修行のために住んだこともあり、
様々な裏事情について耳にすることもある。

その結果として思うのは、日本人向けのフィリピンの不動産会社は
実情がかなりドロドロということ。

バンコクのようにそれなりに日本人向けの市場が成熟し、
歴史的にもマーケットの規模的にもある程度になると、
内容も適正になってくるのが通常。

逆に言えば、新しく注目されているエリアでの営業がメチャクチャだったり、
日本人がほとんどいない国でまともな業者がいないことは多い。


フィリピンの場合、これまでも多くの日本人が住んできた。

マカティにはリトルトーキョーまであるし、
マニラ・セブも含めて多くの和食レストランもある。

以前から多くの駐在員が赴任している国でもある。

にも関わらず、なぜかまともな不動産会社が少ない。

この点は不思議でならない。



とりあえず騙して買わせようとする不動産会社が多いので、
下見ツアーで物件を視察したところで参考にならない場合も。

土地勘もなく、初めてやってきた人のイメージを誘導するぐらい、
業者としては難しいことではないので。

マニラの場合、道を一本挟んだだけでも地価は変わる。

近くに値上がりした物件があるとしても、
それが成功を保証してくれるわけではない。


セブに至っては、道のこちら側か向こう側かで利便性が大きく変わる。

なぜなら、ほとんど信号が設置されていない上に交通量が多く、
車優先の社会のため道を渡るだけで一苦労だから。

道の向こう側なら食事や買物の時に楽なのに、
こちら側だと毎回危険な思いをしなくてはならず、
利便性が大きく落ちることもある。


こうしたことを下見ツアーの中で読み取れないのであれば、
現地を視察するのは自己満足でしかない。

と言っても、ほとんどの投資家の下見というのは、
感情的に納得するための儀式であるというのが実情。

ちょっと聞きかじった程度の知識で判断をしようとしても、
その時点で無理な話なので。



一生の中で一回だけ不動産投資をする程度なら、
真剣に勉強するだけの時間や労力をかけること自体が割に合わない。

まして現地視察をするだけで実情が分かるなんて、
どれだけ自分を過大評価しているのかという話になる。

その程度でプロの投資家としての判断ができるなら、
現地の人はその何百倍も優秀な投資家ということになってしまう。



結局のところ、下見ツアーなんてオマケのようなもの。

もしくは、今後も他の物件に投資をしていく上で成長するための糧。

「不動産投資家として、現地も視察せずに決めるのは・・・」
というお題目を唱える人もいるが、
そもそも判断基準が頭の中に設定されていなければ、
何となく見て終わるだけ。

何も知らない子供と大差ない。

現地さえ見せれば、子供にも判断できると思う人はいないはず。



そうなってくると、土地勘のない国に不動産を買う場合、
特に投資に不慣れな人の場合には信頼できるパートナーが必要になる。

物件を買うときには不動産会社を通じて購入するわけなので、
この会社選びが重要。

フィリピンは適当な会社が多いとはいえ、中にはまともなところもある。



私は永住権を取ったこともあり、
不動産とビザについて、マカティ移住後に取扱い会社を半年ほどかけて調べた。

一見すると不動産とビザは無関係に見えるが、
日系業者だと両方扱っている事が多いので。

半年かけて、ようやく信頼できる会社を選ぶことができたが、
こうなると心強い。

現地の事情に則した情報をもらえるし、
それぞれの物件のダメなところも教えてくれる。

セブでこの会社の下見ツアーにも参加したが、
メリット・デメリットをそれぞれ提示してくれるし、
こういうアドバイスがあれば助けになる。



フィリピンも厳しく物件を選定しないと
インカムもキャピタルも狙えない状態になっている。

マレーシアやタイに比べればチャンスはずっと大きいとは言え、
数年前のような甘い市場環境ではない。

その中で利益を出すには、
とりあえず現地を視察しておけば大丈夫という甘い考えは
捨てた方がいいことと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ