フィリピンの退職者ビザの申請者の半数が50歳未満という話


どうしても退職者ビザという話を聞くと、その言葉から年齢の高い人が申請するイメージがある。

しかしながら実際はそうでもなく、フィリピンの退職者ビザの場合はだいたい半数が50歳未満と言われている。

しかも申請者のうちの半分は独身であったり、もしくは結婚をしている女性ということになっていて、男女比もだいたい5対5ということになっているらしい。

また別のデータを見ると、申請者の半分程度は、ある程度社会的にステータスのある人で、例えば大手の上場企業に勤務しているとか、あるいは医師や大学教授ということも言われている。

これは実際、投資の世界を見てみても納得できる話で、ビザの取得をするという人は、一つの目的として投資を念頭に置いていることがある。

ビザがあることによって、ローンにおいて有利な扱いを受けることが出来るので、それを目的にビザを取得しておいて、より積極的にフィリピンに投資をするというスタンス。

それ以外には私のように確実に住める国を確保しておきたいとか、もしくはフィリピンで物価の安い生活をしたいので、長期的に安定して暮らすためにはしっかりとビザを取っておくことが必要なので、そういった目的という場合もある。

だいたい200万円程度の預託金を積めば、一番安いものであればビザを取ることは出来るので、これであれば非常にハードルは低い。

ただし、甘い考えでフィリピンに来たものの、結果的に働き口がなかったりとか、あるいはお金をだまし取られてしまったことによって、まともに生活が出来なくなってしまうという人がいる。

こういった人というのは困窮日本人と呼ばれていて、日本大使館に行ってもなかなか保護してもらうことが出来ない。

確かに自分の計画性のなさによって生活が成り立たなくなったのであれば、それを大使館が保護するというのもおかしな話だし、結局それをすることによって大使館の費用というのが税金で賄われることになるので、日本で税金を払っている人がフィリピンに来て、困窮してしまった日本人の面倒を見るということになる。

それをしないというのは非常にまっとうな話ではないかと思う。

では実際のところ困窮日本人が大使館に駆け込んだ場合に、どのようなことになるのかというと、だいたい日本にいる家族へのコンタクトを取るための支援という程度になる。

さすがに一切何もしないで追い出すというわけにはいかないので、連絡くらいは取らせるものの、帰国費用等については家族や親族に出してもらうように説得をして、あとは自力で生きて行ってくださいという話になる。

では困窮日本人の中でもそういった支援をしてくれる家族であるとかそういった頼りになる人がいない場合どうするかというと、かなりの割合の人がフィリピン人に世話になりながら生きているという。

フィリピンというのは元々全員がちゃんと働こうという文化ではなくて、家族の助け合いとか稼げる人が稼げてない人の面倒を見ようという文化があるので、その中に組み込まれる形でやっていくという人がいる。

これを逆の立場にすると、フィリピン人と国際結婚をした一般的な日本人の立場になって、自分がフィリピン人の奥さんを持った途端に、何十人もの家族がたかってくるという現象になる。

こうした事実を見ると、日本人から見てフィリピン人というのは非常に厄介であるという考えが強くなるものの、実を言うと日本人が困っているときにもフィリピン人は助けてくれたりする場合もあるし、そもそもフィリピン人同士では文化として行われているので、必ずしも彼らがただ単に怪しいとか、ある程度お金を持っている外国人をターゲットにしてカモにしようとしているということばかりではない。

元々が相互扶助の意識が強い文化に生きているのがフィリピン人で、比較的南国においてはこういった文化が強く根付いている。

逆に日本のようにどんどん各家族化が進み、親も高齢になると子どもの世話にはなりたくないと言って、自分で老人ホームに入っていくとか、そういった国の方が新興国においては少ないという状況にある。

やはりそこら辺の文化の違いというのが様々なところで衝突するので、そういったところについてもある程度寛容に受け止めるとか、あるいは必要以上に干渉しあわないように、上手にライフスタイルを整えていくとか、海外生活においてはそういったことも必要になってくる。


ページの先頭へ