フィリピンでヤクルトが人気になっている


フィリピンのコンビニに行くと、必ずヤクルトが置いてある。

これは不思議なもので一本ばら売りもしているし、5本セットでも販売している。

料金としては1本が10ペソで、5本で買っても特に割引になることはない。

10ペソというのはだいたい25円なので、フィリピンの物価の中ではかなり高額ということになる。

これ以外にも日本の商品というのは色々と置かれていて、例えば日清のカップヌードルの場合であれば、金額としてだいたい250円くらいするので、ローカルのカップラーメンと比べると、随分高額になるものの、こちらもよく売れているというし、実際にセブンイレブンやスーパーに行っても見かけることが多い。

ちなみにフィリピンのカップラーメンであれば、だいたい50円程度から購入することが出来る。

残念ながら日本人の味覚で食べてみると美味しいとは言えないので、やはりカップヌードル等の国際ブランド、もしくは日本のブランドの方が味の面では安心ということになる。

そしてフィリピンでもこの事実は認知されていて、ローカルの人も購入している姿を見かけることがある。

この他にも日本のメーカーということで言えば、味の素の調味料というのはフィリピンの中でも不可欠なものになっているらしい。

小さなものであれば75円程度から販売していて、小売りにするというビジネスがフィリピンにおいては一般的なので、この味の素においてもそういったことを行っている。

あとはリポビタンDというのもフィリピンに進出していて、こちらはだいたい1本90円くらいになっている。

日本の食材店に行けばそういった商品を買えるというのは当然のことながら、普通のコンビニであるとか、あるいはスーパーマーケットに行くだけでも日本の製品というのは色々と見かけることもあるし、豆腐なども普通のスーパーで買えることが出来る。

こうしてみると如何に日本商品というのがフィリピンで人気かというのがわかるし、それらの料金というのがローカルの商品に比べれば、やはり割高ということになっている。

にもかかわらずしっかりと売れているし、付加価値をつけても販売できる条件というのが、すでにマカティ市内においては出来ているというのが現地に住んでいて実感するところ。

ただし、こういった事情というのは地域によって大きな差があって、マカティ市内というのは比較的高所得者が住んでいるのに対して地方の、そもそも産業がないような場所に行けば、雇用自体が非常に不安定だし。

そういったところになると、平均所得が日本円で二万円とか、そのくらいになってしまうこともあるので、事情というのは大きく変わってくるのは当然のところ。


ページの先頭へ