フィリピンの治安を移住者がレポート




一般的にフィリピンの治安は悪いと言われる。

実際のところはどうなのか、
移住してマニラのマカティに住んでみて分かったことを
レポートしようと思う。



まず、フィリピンの治安が悪いというのは
半分合っているが、半分間違っている。

たしかに国全体として見た場合には、
決して安全な国ではない。

これは統計で見た場合も分かることで、
マレーシアやタイに比べると問題があることが分かる。

首都マニラにおいても、
場所によってはいまだに危険な状態。



たとえば、私が初めて泊まったホテルは
マニラの中でもエルミタ・マラテと呼ばれる地区。

やって来るまで知らなかったが、
マニラでもっとも危険と言われる場所だった。

実際、この街をパソコンを守って歩く気にはならなかったので、
毎回ホテルのセーフティーボックスに貴重品を入れて、
手ぶらで食事に出たりしていた。

体感的にはジャカルタよりも治安が悪そうな感じがした。



これがフィリピンかと思って移住を止めようかとも思ったが、
結局私はマニラに住むことにした。

それは地域による差が大きいことがわかったから。

フィリピンの場合、
外国人向けに徹底的に治安を改善し、
街並みもきれいにしているエリアがある。

マニラならマカティやグローバルシティ、
他にもリゾート地のセブやボラカイ。

こうした場所は外国人向けにフィリピンが
力を入れて開発・安全性の維持をしているため、
安心して暮らすことができる。



実際にその街に行ってみると、
雰囲気の違いはよく分かる。

マカティならパソコン等を持ち歩いても不安はないし、
怖い目にあったこともない。

とてもリラックスして暮らすことができている。



結局、フィリピンは地域によって治安の差が大きい。

マカティ等のように外国人が
危険を感じずに暮らせるエリアもある。

エルミタやマラテのようにピリピリした場所もある。

どちらにも属さないそこそこの場所もある。
(こうしたエリアが大部分)



ひとくくりにフィリピンとして考えれば、
たしかに安全とは言えない国。

ただ、移住する分には外国人が住むエリアを選ぶのが普通なので、
特に治安の悪さを感じることはない。

むしろ、マカティ等のエリア内で生活する限り、
東南アジアの中でもかなり安全であるとすら感じている。



どの国も地域による格差は存在するが、
フィリピンはそれが大きいことは考慮してほしい。

そこがこの国の特徴的な要素なので。


普通の国は特に危険な場所があるというパターンだが、
フィリピンは特別に安全な場所も存在するという
かなりレアなパターン。

特に日本とはこの点が全然違う特徴となっている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ