セブのバルコニーで鳩が育児中




東京にいる時、不思議だったことの一つに、スズメや鳩やカラスが大量にいるのに、その巣や卵を見かけることがほとんどないし、まだ育児中と思われるようなヒナを、目にすることもほぼ皆無であったこと。

鳥もいきなり大人になるわけがないので、必ず成長の段階というのがあるはずだが、あまり自然がなく、どこでも人の目が行き届いてしまう都心部において、どういった場所で鳥が巣を作り、子供を育てているのかということは疑問だった。

そして、セブに引っ越してきて、住み始めたコンドミニアムは、バルコニーというほどでもないが、一応窓の外に手すり等が付いているエリアがある。

とは言っても、こちらの窓というのは、全開に開けるようにはなっておらず、ホテルなどにもあるように、窓の右側のみは固定されており、左側が手で押すとある程度の角度までは開くものの、体を全て出すことができるほどではない。

そして、そのバルコニーの部分の端の方に、小さな卵が2つあることに気付いた。

手すりの部分によく鳩が止まっているとは思っていたが、どうやらその鳩が親鳥らしく、卵を温めに来ていたのかもしれない。

ツバメの巣の話はよく聞くが、鳩の素というのは聞いたことがなく、しかも藁等の巣の材料を集めてくるわけでもなく、ただ単に卵が2個放置されているだけなので、これで本当に孵化するのかどうかはわからないが、ここまで間近で毎日見ていると、無事に卵が孵ってヒナには育ってほしいという、ちょっとした親心のようなものを感じてしまう。

頻繁に鳩やカラスが来るようになると、糞がバルコニーに散乱したりといった問題も、起ることがあるが、幸いそういったことには悩まされていないので、迷惑でもないし、むしろどこかシンパシーを感じる。

セブシティの場合は、それなりに都会なので、自然が多いとは言えないものの、この辺り一帯というのは、比較的緑が多く、もし仮に鳩が木の上に巣を作る習性を持っているのであれば、その候補となる場所は、いくらでもありそうなものだが、どういうわけなのか、コンドミニアムの一角に作ってしまうというのは、不思議なところ。

しかし、鳩が賢いと思うのは、ちょうどその卵があるエリアというのは、中からではよほどのことをしない限り、手が届かないエリア。

素手では届かないが、棒を使ったりして、どうにか触れることもやろうと思えばできるだろうが、相当な執念がなければ届かないようなところだし、外部からのアクセスということを考えても、回数的に鳥以外では簡単に到達することができない。

もちろんビルの外側の窓を清掃するような装置を使えば、話しは別だろうが、通常の状態で人間が何か手出しをできるような場所ではないので、そういった意味では安全なのかもしれないし、通常の木よりも天敵から身を守る上では、目的に適うのかもしれない。

とは言っても、この辺りで見かける鳥というのは、スズメと鳩ぐらいで、カラスすらもいない状態なので、鳩が散乱し子供を育てるには、比較的緩い条件なのかもしれない。

あとどのくらいで卵からヒナが出てくるのかはわからないが、自信を持って飛び立てるようになるまでは、ゆっくりこのまま手の届く範囲ですくすく育ってくれればと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ