ポーランドの銀行で口座開設できるか確認してきた




先日はハンガリーで、口座開設の可否を確認するため、二ヶ所の銀行によってきたが、今回はポーランドで、同じく二つの銀行に足を運んでみた。

今回はポーランドと言っても、ワルシャワやクラクフのような有名な街ではなくて、ブロツワフという水の都で、話を聞いてみた。

まず一つ目は、ランチに行く前に、Mバンクという銀行によってみた。

受付係のような人がいたので、銀行の口座開設をしたいという旨を伝えると、まずパスポートと、レジデントカードを持っているかという風に質問された。

パスポートはあるが、レジデントカードはなく、学生でも仕事をしているわけでもなく、旅行者であるという風に答えたら。

少しそこで待っているようにという風に伝えられ、その受付の女性が奥の方で、誰かに確認を取っているようだった。

戻ってくると、無押し分けなさそうに、レジデントカードがない場合の、講座開設ができないという風に伝えられた。

そこからランチを経って、ベストソースのかかった鶏肉と、ゴーラッシュスープ、ピエロギを食べて、軽くグラスビールを飲んでから、次に向かうことにした。

ポーランドにいると、軽くグラスビールを飲んでから、次に向かうことにした。

ポーランドにいると、ついランチの時にもビールを飲んでしまう。

こちらでは、それが一般的であるということもあって、気が緩んでしまうが、アジアに戻ればまた生活を元に戻せばすむ話なので、ある意味で言うと、東欧に来た時というのは、私にとってバカンスのようなものなのかもしれない。

そこからブロツワフの中心地である、中央市場広場に移動して、バンクZACHODNIWBKという銀行に入った。

こちらはかなり規模が大きく、カウンターも8ヶ所から10ヶ所ぐらいあるように見えた。

日本の銀行や郵便局でも見かけるような、番号札を取る仕組みになっていたのだが、困ったことにアナウンスはポーランド語でしかされない。

更に言うと、どのような手続きをするのか、例えば個人なのか、ビジネスのアカウントなのか、アポイントメントが入っているのかどうか等の、要件が細かく分かれていて、Aの33のように、アルファベット+数字で、分けられている。

少なくとも、AからGまであって、更にその中で数字で分けられている為、窓口をぐるりと見渡さないと、自分の順番がわからない。

しかも、伝統のある建物を使っているせいなのか、柱が邪魔になってしまって、各カウンターの番号が見えず、アナウンスはポーランド語で全くわからないので、確認にかなり苦労することになり、結局3回ほど札を取り直すことになった。

そしてようやく、口座開設について聞くことはできたが、Mバンクの場合と同じく、バンクZACHODNIWBKでも、パスポートの他にレジデントカードがないと、口座開設は認められず、単なる旅行者の場合にはダメだということだった。

ちなみに金利を聞いてみたら、半年で2.5%ということだったが、担当者も英語が流暢に話せているわけではなく、こちらが最初に金利のことについて聞いても、全く理解していなくて、パソコンを使ってどうやら調べていたようなので、本当に半年で2.5%の金利が付くのかどうかというのは、イマイチ信用できないところではあった。

しかしながら今回、二つの銀行を回ってみて、どちらでも口座開設は断られてしまった。

この状況から、予測する限りでは、ポーランドは非居住外国人への口座開設を認めていないのか、あるいはかなり厳しい条件をかしているのだと思われる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ