ポーランドは観光旅行以外にも使い道が色々ある




二週間ほど前からポーランドのクラクフというこどに滞在している。

こちらの旧市街の中であるとか、その南側というのは、見所となるような教会であるとか、観光スポットも多いので、そういったところも巡ってはいるものの、さすがに半月もかけるほど色々と見て回る場所が多い町ではない。

にも関わらず、それだけの期間をここで過ごしたのは、単なる旅行ではなくて、滞在型の旅をしている為、具体的に言うと、実際に仕事もしながらこちらに滞在をしている。

最近は新しい企画を始めたこともあり、かなり仕事を中心の生活をしながら、朝の散歩と、後は昼食と夕食の時だけ、出歩くというのが基本になっている。

このクラクフの町というのは、2週間ほど歩いていても全く飽きないし、むしろ去る時には名残惜しさすら感じた。

これだけの期間一つの場所に滞在して、尚且つ徒歩圏内でしか移動しないということで、その町自体も非常にコンパクトだったのに、これだけ離れるのに寂しさを感じるような町というのは、これまでの旅の中でも非常に稀。

例えばポルトガルの場合であれば、6都市ほど行ってきたものの、基本的には数日ごとに移動して、比較的オビドスについては惜しい感じもしたものの、さすがにクラクフほどではなかった。

ましてスペインのマドリッドに至っては、早く出たかったくらいだったので、ポーランドとは大きな違い。

こういったこともあったが、それだけ落ち着いた魅力というのがこのポーランドという国にはある。

物価がただ単に安いというだけではなくて、町並みも綺麗だし、基本的にレストランではメニューも英語で書かれているので、利便性も高い。

そういったこともあって、ストレスなく暮らすことができ、もしビザが取れるのであれば、1年ぐらい滞在してもいいとすら思えるほど。

そう考えてみると、ここは観光旅行として訪れる価値はもちろんあるし、それだけでも一生に一度ぐらいは訪れておいた方がいいと思うが、更に可能性を広げることもできる。

例えば、パソコン一つで仕事が出来るような環境なのであれば、二週間であるとか、一か月とか、ポーランドに滞在するのもいいと思うし、ビザの期限いっぱいまでいるという考え方もありだと思う。

あるいは花粉症の時期に一か月から二か月ぐらい、スギ花粉を避けるためにこちらに滞在するとか、そういった形でポーランドを活用しても、そこまで費用がかかるわけではないし、早々に飽きるような町ではない。

パリのような華やかさであるとか、物珍しさが詰まっている町ではないものの、ほっとするようなところがあるし、昼と夜ではまた町並みも変わってくるので、朝歩くのと夜歩くのではまた違った趣を感じることもできる。

このポーランドというのは、約半月で切り上げて、次の国であるスロバキアに出たものの、また改めて訪れることを確信している国の一つとなった。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ