社会人時代の時の資格取得はまったくムダだった


私は社会人の頃、日商簿記2級とビジネス実務法務検定2級を取得している。どちらも、それなりに勉強しなくてはとれない資格。しかし、何の役にも立っていない。

正確に言えば、簿記は独立後に確定申告をする時に多少は役に立った。ただし、内容的には3級のレベルであって、2級の資格はまったく使う機会がない。社会人時代に何をしていたのだろうと思う。

なぜ忙しかった社会人の頃に資格を取ったかというと、会社を辞めたかったから。初めて就職した会社でパワハラを受けていたので、1日も早く辞めたかった。資格を取れば、社会人としてのキャリア不足を多少なりとも補えると考えていた。

しかし、資格が役に立つのは転職の時に、履歴書に書けるという程度。資格だけで稼げるわけでもない。結局、簿記もビジネス実務法務検定も取っただけで、その後に始めた副業が実を結び、今では本業になった。とは言え、独立というよりも、いきなりのリストラで職を失っただけだが。


それでも、今は社会人時代のように収入の少なさに困ることはなくなったし、世界各国を自由に旅できるようになった。その意味で、副業は私の人生を大きく変えてくれた。

資格はどうかと言えば、はっきり言って、取ってなくても何の不都合も生じない。というよりも、何の役に立ってるのか、私が聞きたいぐらいだ。

ある意味で、資格取得は社会人が向上心を満たすのに、絶好の対象と言える。難関資格でない限り、ある程度時間をかけて勉強すれば取得できるわけだし、明確なステータス(役に立つかどうかは別として)が与えられる。

そこにやり甲斐を感じる気持ちは分かる。社会人だった頃には、私もそうだったから。しかし、資格を活かす戦略がないのなら、結局は取得するだけムダだったという結論にいたってしまうのは、仕方のないことだろう。


社会人になって資格を取るのなら、貴重な時間を投資する価値があるのかどうか、冷静に見極める必要がある。キャッシュポイントまでの道筋が見つからないのなら、そこまでの道をしっかり検討した方がいいだろう。

独立したりせずに社会人として会社に勤めるにしても、中途半端な資格をとって増える収入よりも副業でもした方が稼げるかもしれない。同じ時間を費やした時に返ってくるリターンが大きい方を選ぶのが基本だろう。



それにしても、これだけ資格ビジネスの市場が大きいと、社会人になってからも勉強して将来の安心を買おうと思う気持ちも分かる。テレビCMでもそれ以外のメディアでも様々な資格を宣伝しているし。

ただ、取得しただけで収入が増えるわけではないし、キャリアを考えると意味がないことも少なくはない。まさに私のように。




戦略のない行動はムダの極み

「ユーキャンのCM見て資格取りたくなりました!」


「自己啓発本を読んでスキルアップします!」


「グローバル時代に備えて英語か北京語を勉強しようかと思っています!」


どれも戦略なしになんとなく学ぼうとしているだけなのであれば、十中八九無駄に終わる。社会人が使える時間というリソースは限られているので、いかにして大人として賢く活用するかを考えることは必須。


今のままではまずいというまっとうな危機感を持っている人ほど、単なる現状維持には抵抗を感じる。しかし、その打開策としてふさわしい行動を取れなければ、結局のところ解決にはならない。


社会人の資格取得を見ても、単なる自己満足とか、雀の涙ほどの生涯収入のアップしか見込めないことが多い。今の職場で確実に役に立つとか、はっきり転職する時に次のキャリアにステップアップするための武器になるイメージができていればいいが、そうではないとムダなオプションにしかならない。


自己啓発の本を読んで人生が激変したという話は、ほとんどが本のセールスのための読者の声だったりするし、外国語がビジネスに役立つ場合ばかりではない。下手に北京語を覚えても、中国に赴任を命じられて住環境の悪さに愕然とするだけかもしれない。偶然に身を任せるというのは幼すぎるし、社会人が取る行動ではない。


そもそも収入源が1つということ自体、安定を妨げる大きな要因になってしまう。月に数千円程度の月収アップしか見込めない資格を取得するぐらいなら、その時間を使って副業でもした方が生涯収入は上がるのではないだろうか?しかも収入源が今の会社ではないため、リスク分散をしながら。


行動している事自体に満足や充実感を覚えると、資格を取得した後になって虚しさに立ち返ることになる。このままいくつ資格を取ればいいのか?資格マニアのようになることに意味があるのか?そんな問いかけを自らにぶつける羽目に。


理想の人生はどこにあって、それを達成するための手段はどこにあるのか?すでに達成した人はどのような道筋をたどったのか?それをゆっくり調べてみるところから始める方が、下手にバタバタと動きまわるよりもよほど最短ルートに近いだろう。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ