マレーシアのデパバリ(インド系新年)事情




昨日はデパバリというヒンドゥー系の暦で新年だったらしい。日曜日と祝日が重なっているが、月曜日の今日がマレーシアで休日だったのかは不明。町中にいる人の数を見ると、普通に仕事だった感じがする。

というのも、土日は平日より混みあうレストランが、完全に平日と変わらなかった。そして、デパバリという祝日を知ったのも、偶然に近い。街中で何か変化があったわけでもない。ただ、昨日はパラパラと花火が打ち上がっていたので、マレーシアの祝日を確認したらデパバリだった。

マレーシアにもインド系住人はいる。多民族国家だけに、マレー系や中華系もいるため、それぞれの民族ごとに祝日があり、妙に休みの多い国となっているが、今回のデパバリは日曜に吸収されたらしい。

個人として仕事をしていると、祝祭日の感覚がないので、そもそも祝日であることに気づかないこともある。今回のデパバリにしても、花火の音以外には異変がなかった。

そういえば、昨日の夜は上の階のインド系の住人の音楽が、普段にも増してうるさかったので、これはデパバリの影響かもしれない。ちなみに、インド人の音楽の音量がうるさいのは、この住人にかぎらず、インド人に見られる傾向らしい。

ハリラヤのようなマレー系の休日は大々的にセールが行われたり、街中でも変化がある。中華系の祝日も、札を大量に燃やしているのを見かけるので、一目で分かる。それに比べると、デパバリは目につかない。実際、去年はこんな祝日があることすら気づかなかった。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ