売上ノルマが未達分を本人に肩代わりさせる上司


【以下、読者さんからの投稿】


社内のキャンペーン等で営業社員以外の事務系社員、物流系社員にも売上ノルマが与えられるケースがあります。

事務系社員、物流系社員には会社に訪問されたお客様、知人、友人、家族に購入をお願いするように全社員にノルマが掛けられるケースです。

またキャンペーン終了が迫ってくると個人的に上司からノルマが達成できないのなら個人で購入するように言われるケースです。

私は物流系、事務系の社員でした。

会社ではキャンペーンの時期を設定してキャンペーンの期間中は普段扱っていない家電、食品等にも積極的に販売に力を入れていました。

私はコミュニケーションが苦手なために販売をお願いする知人、友人はいません。

勤務している時は自己で使用する家電、自宅家族で食べる食品、家族が送る贈答品なども購入した経験があります。

またノルマが達成しなければボーナス、昇給の査定にも実際影響しノルマを達成しなくてはいけない状況を上司はこしらえていました。

私が数カ月勤務して試用期間で解雇になった会社では入社試験で適性検査をして採用したにも関わらず上司から「君は業務で役にたたないからせめてキャンペーンだけでも最後に達成するように」言われ最終的に家電を購入させられたケースもあります。

金額は数万円だったと思います。

私は実際二社ノルマの未達のために未達分の売上を肩代わりする経験をしました。

私の知人のタクシー運転手、トラックドライバーもお歳暮、お中元の時期になると贈答品のノルマが与えられるケースが多々あるように聞きます。

また実際未達の方も多く社員への販売を目的とした行為としか思えないケースもあります。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ