プラハ滞在中にセブでの待ち合わせを決定




ある投資案件に関連して一緒に視察に行こうという話をメールで行っていた。

私の方はチェコのプラハにいて、相手は今現フィリピンのオホール島という島にいるらしい。

しかも、来月にはニュージーランドに行ってから再びフィリピン入りするということで、かなり特殊な動きをしている人と合流できることになる。

今回の場合、全く顔を合わせることもなく、更に言えば、電話等で声を聞くこともなく、ただメールの文字だけでやり取りをして、合流することは決定したことになる。

と言っても、別に初対面の人ではなくて、もう何回も顔を合わせている人なので、特に心配はしていないし、場合によってはそれ以外のメルマガの読者さんであるとか、そういった人も合流する可能性も出てくる。

そういった形でセブ島からリゾート地不動産の視察を行って、今後の勉強にしていくつもり。

これまでも、フィリピンのマカティでは現地視察を行って、様々なコンドミニアムを見てきたりしたが、今回のようなビーチ案件というのは、また特殊なスキームになってくるので、色々と学ぶべきところがあるのではないかと思う。

特に今回の場合、国際空港の改札であるとか、そういった特殊な予定というのも今後組まれているので、そこら辺をいかに活用していくかというのが鍵になる。

私自身もその案件については、すでに参加を決めているので、来月実際に現地に行けるのがかなり楽しみになってきているし、こうしてプラハにいながらアジアの中でもずっと東の方にあるフィリピンで、合流する予定というのを連絡を取り合って決めているというのは、かなり不思議なような感じもする。

本当に世界が近くなったということを感じる機会というのは、意外に少ないが、今回のことに関して言うと、まさにその言葉というのが当てはまる。

LCCの確率等によって、移動コストというのも下がったし、インターネットの普及によって、通信に関する障壁というのも非常に下がっている。

今回の場合で言うと、メールが数日間使えなかったことがあったので、その期間に関して言うと、音信不通になっていたものの、どうやら特にその間に連絡を受けていたわけでもなかったようなので、その点はホッとした。

何しろ、一時的なメール障害ではなくて、そもそも送られてきたメールは完全にデータが消えていて、受信を受けたという履歴すらも残っていない状態だったので、誰が連絡をしてきているかすらわからない状態。

投資関連の重要な取引先について言うと、もうすでに心当たりには連絡を取って、どうやら向こうからメールを送ってきてはいないということは確認できたので、事なきを得たものの、こういった落とし穴というのはある。

しかしながらこれは、電話やFAXの時代でも、あるいは直で対面をするような場合であっても、様々な行き違いやすれ違いというのは生じえることなので、特にネット社会だからリスクが高まっているという風に考えてはいない。

実際、メールやSkypeで仕事を進められるということは、デメリット以上にメリットの方が遥かに大きいということは、私自身も実感して仕事を進めているので、その点については今後も特にブレる予定はない。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ