チェコ・プラハを移住先・ロングステイ先候補として現地視察




今後の移住やロングステイの対象としてチェコのプラハが
候補の1つとして浮上していた。

特にポーランドを見てからは、
東欧で暮らすことの可能性をより強く感じるようになった。

ということで、実際に現地を見ようとやってきた。


スロバキアの首都、ブラティスラヴァから鉄道でプラハへ移動。

チェコは今回の旅が初めてとなる。

中央駅についた直後の印象は、
ブラティスラヴァとは違って規模が大きくて人も多いということ。

そして駅のスタッフの効率が悪い(苦笑)。


次の移動先であるニュルンベルクへの時刻表や
金額を聞こうと思ってチケット売り場に行ったら、
時刻表はインフォメーションセンターで、
移動の金額はチケット売り場で聞かなくてはならないという。

二度手間な上、両方共かなり並んでいる・・・。

さすがはインフラ企業というか、
顧客の利便性を完全に無視する姿勢が徹底されている。



そこからメトロに乗って、
予約していたホテルに向かって南下していった。

vysehrad駅で降りると、
ホテルはちょうど谷になっている部分にあった。

このへんは中心部から3駅か4駅ほどなのに自然が多く、
生活する環境としてはかなりいいのではないかと思う。

移住するとしたら、プラハの街のまっただ中より
緑が多いこんな場所の方がいい。

のんびり暮らす上では、空気の良さも重要な要素。



vysehrad周辺は物価が安く、
レストランの食事も500円程度から。

プラハの中心部に行くと倍ぐらいの価格になる。

生活コストを抑えるためにチェコの地方に行かなくても、
メトロでちょっと移動するだけでいいのは便利。

2分から5分間隔ぐらいで電車も来るので、
長々と待たされるようなこともなかった。



チェコは治安の面でも問題はなさそうな模様。


ポーランドのクラクフやスロバキアのブラティスラヴァに比べると、
プラハは街中に中華レストランが多い。

さらに、個人商店も基本的に中華系が店先にいる。

中国人の進出がすでに進んでいるのが分かる。


和食レストランもあるものの、そこまで多くはない。

ただし、ヨーロッパにしては手頃な価格で
ちょっとした寿司レストランもあり、
1,000円程度から食べられる模様。



チェコのロングステイの障壁としては、
レストランが煙草くさいことが挙げられる。

せっかくきれいな空気の場所に住んでも、
受動喫煙まっしぐらな環境がプラハにはある。

ヨーロッパはもちろん、
アジアの新興国でもレストランの中は禁煙で、
外にある席だけが喫煙可能な場所が多いのに対し、
プラハは店内でもタバコが吸える店が多い。

バーだけではなく、レストランについても。


この環境は生活する上では大きなストレスになるし、
半月ほど滞在した中でも面倒な思いをした。

いっそ物価(人件費)の高い国であれば、
移住したら自炊を始めてみようかと思うのかもしれない。

しかし、チェコの物価は安い。

その中でわざわざ好きでもない料理をしようとは思えない。

かと言って食事は毎日のことなので、
ストレスを募らせていくのは避けたい。



プラハの街には魅力がある。

それなりに大きく、交通手段もひとまずメトロがあるので、
住んでいる場所に飽きても気分転換は簡単にできる。

しかし、生活する場所としては決定的なストレス源がある。

こうして考えると、移住先としては厳しい気がする。

ロングステイをして重要なのは日常生活の中での快適さで、
観光客にとっての魅力ではない。



そう考えると、東欧ならポーランドの方が有力候補ということになった。

プラハ以外のチェコの街についても、
この喫煙習慣が異なるとは考えがたい。

そう考えると、
他の街を視察しても状況が劇的に違う場所を見つけられる気はしない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ