プラハで仕事をして冬の始まりを感じた


私は訪れた町の公園や植物園等で、仕事をすることがある。

単純に緑のにおいに包まれながら仕事をするのが好きという理由で、下手なカフェで仕事をするよりも、よほどそちらの方が気分がリラックスできる。

しかしながらプラハでも、同じようにしようとしたところ、指がかじかんでしまって、うまくパソコンのキーを打てないという状況に至った。

こういった感覚というのは、もう3年ぶりとか4年ぶりで、これまでずっと夏しかないような東南アジアに住んでいたので、そもそも冬が近づいてくるとか、指がかじかむとか、そういった感覚自体と無縁だった。

そういった意味で言うと、五感を刺激するということで、これも必ずしもマイナスではないのかもしれないが、単純に業務効率ということでいうと、負の影響を与えているということになる。

単純に考えれば、手袋を購入すればいいものの、勝手の知らない町で適当な店を探すということ自体もかなり難しく、しかも今の段階で言うと、本格的な手袋をするには暑いし、かといって薄手の手袋を買ったところで、今度はカナダ等に移ったあとに、おそらく寒くて使い物にならないのではないかという思いもある。

また、今の段階に関して言うと、手袋が必ずしも必要というわけではなくて、朝晩は手先がちょっと涼しいとか、そのくらいの感覚でしかない。

しかも、今のホテルというのはかなり広いこともあって、朝は外に歩きに行くのではなくて、朝食を食べに行く時にホテル内を少し歩くぐらいにしているので、実質的に朝の寒さにさらされることもなくなった。

こうなってくると、わざわざ手袋を買いに行こうとか、探しに行こうというモチベーションも下がってきて、ついそのまま寒さを放置している状況になっている。

更に言うと、バックパックからスーツケースに買い換えたことによって、南京錠を買いたいという思いもあるのだが、その南京錠を売っている店も見つけることができずにいる。

昨日は大型スーパーに行ってみたが、9割以上が食料品という店で、残念ながら南京錠を発見することはできなかった。

一瞬それらしいパッケージを表示しているものがあったのだが、よく見てみると、表面がステンレスになっているバスタブの蓋か何かで、南京錠とは全く似ても似つかないものだった。

結局そういったこともあって、なかなか欲しいものを見つけることができず、かといって探し回るほど切実に必要というわけでもないので、結局そのまま放置してしまっているというのが現状。

元々がショッピングを好む性格でもないし、店を開拓するということについても、取り立てて喜びを見い出すというわけでもないので、ついこういったことというのは、緊急性がない限り後回しにしてしまう。

しかしながら、スーツケースの防犯ということに関しては、重要な問題ではあるので、できることなら早めに南京錠については探しておきたい。

明日になれば、ニュルンベルク行きのバスを予約しに中央駅のところまで行くので、その周辺で売っている店がないかというのも探してこようと思う。

そのついでに手袋も見てくるかもしれないが、結局のところ本格的に寒くなってから、カナダ等で探す方が現実的なのではないかという気もする。


ページの先頭へ