楽天クレジットカードのブランド変更


まだ何も知らない頃に楽天クレジットカードを作ったので、
支払いのブランドとして適当にJCBを選んでしまった。

しかし、海外に出るとJCBは使い勝手が悪い。

使えない店が多い上、使える店は減少傾向にある。

残念だが、中国のUnion Pay(銀嶺)が勢力を伸ばす反面、
日本ブランドのJCBは衰退している。

世界から見たら、
どの国が重要かが移り変わっているのを感じる。



今年で楽天クレジットカードの期限も切れるので、
そのタイミングでJCBからVISAかマスターに変えたかったので、
問い合わせをしてみることにした。

例によって、
楽天の問い合わせ先は分かりづらい。

ホームページを見ても、
そう簡単に問い合わせにはたどりつけない。

悪名高さは健在だ。

結局、メールでの問い合わせ窓口は見つからず、
電話で問い合わせることにした。

こうした時に、スカイプは助かる。

国外への通話も国内電話料金程度でかけられるので。



しっくりくる問い合わせ先がなかったので
とりあえず適当なところにかけてみたら、
そこで良かったらしい。

コールセンターは昼の12時台がつながりやすいという
セオリーにそって日本時間12時すぎにかけたら、
1分ほどでつながった。

この番号が常にこの状態なのか、
空いていた時間帯だったのかはわからないが。


とりあえず、
楽天クレジットカードをJCBからVisaかマスターに
変えられるかを聞いてみた。

結論としては、
一度解約してから再度申し込みをしなくてはならないらしい。

解約に3,4営業日ほどかかり、
その後申し込みをしてから10日ほどでカードが届くと聞いた。

もちろん海外に送付なんてしてくれない。


ということで、
やるなら日本に帰国するタイミングに合わせて手続きをするのが
妥当な対策ということになりそうだ。

正直、楽天クレジットカードは海外では使わないので
別にどうでもいいと言えばいいのだが、
日本円での支払いの時には重宝しているので
今のところ手放すつもりはない。

仕事の関係で、日本円で支払うものもあるし。


実際問題として、
日本での支払いはJCBでも使えないことが多いわけではないので、
とりあえずは保留にしておくことにした。

そして、そのまま忘れそうな気がする。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ