ラオスのWi-Fi事情は意外なものだった【ビエンチャン、ルアンパバーン】




しばらくラオスに滞在していたので、Wi-Fi事情についも調べてみたが、発展していない国とか、旧社会主義の国というイメージとは裏腹に、実を言うとホテルでもカフェでも、とても整備されているという印象があった。

私が訪れたのは、首都のビエンチャンと、世界遺産にもシテイされているルアンパバーンの2ヶ所。

観光客にとっても、とくに重要な視察のエリアと言ってよい場所。

まず、首都のビエンチャンについて言うと、まち全体としては、規模が小さいし、東南アジアの各国の首都、例えばバンコクやジャカルタやシンガポール、マニラといった町と比べると、非常に発展が遅れているし、どことなく長閑な雰囲気が漂っている。

高層ビルも少ない。

その一方で、ホテルのWi-Fiはそれらの近隣諸国と比べても変わらないし、もっと言えば、北米であるとか、ヨーロッパやオセアニアと比べても、遜色のないレベル。

では、カフェやレストランはどうかというと、観光客がよく来るナンプ広場の周辺に限って言えば、快適に使える店が主流となっていた。

パトゥー祭とか、そういったエリアになってくると、ちょっとどうなるのかわからないが、少なくともナンプ広場周辺に限って言うと、使えない店の方がレアで、カフェであれば使えるのが、スタンダードになっている印象。

そういった意味で言うと、日本の方がかえってWi-Fiを使うことによっては、ラオスよりも制限が多いのではないかという風にすら感じた。

実際日本に一時帰国すると、ほとんどの店で特定のサービスに入っていないとWi-Fiが使えないとか、そういった制限があるため、かなり不便を感じる。

それに対して、ラオスのWi-Fi事情というのは、店に入って注文の際に、パスワードを聞くだけなので、簡単に使い始めることができる。

別にわざわざSIMカードを買って、iPhoneでテザリングをしたりしなくても、ホテルやカフェではストレスなく使えるレベルだった。


ルアンパバーンのWi-Fi事情

首都のビエンチャンはともかく、町というよりも村という印象が強いルアンパバーンに関しては、ネット環境がだいぶ悪くなっても仕方がないという風に覚悟していた。

他の国を見ても、首都の中心部と第2、第3の都市の間には、ある程度ネットのスピードの違いがあるということも珍しくない。

まして、ルアンパバーンに至っては、村という表現がしっくりくる規模なので、Wi-Fiに関しては絶望的な状況であっても、不思議ではないという風に事前に予測していたが、その予想は良い方向に裏切られることになった。

ルアンパバーンに関していうと、ホテルは基本的にリゾートホテルが多いので、一つのところに長居するのではなくて、3つを回ってみたが、どこもストレスなく使えるレベルで、Wi-Fiが繋がった。

この村に滞在している時には、原則として食事はホテルでとるか、町のメインストリートであり、唯一外国人向けの店が建ち並ぶ、シーサワンウォン通りに行くことになる。

一日中ホテルにいるのはつまらないので、基本的にこのシーサワンウォン通りに移動して、食事をしていたが、そこにあるカフェやレストランは、ラオス人が来る場所というよりは、欧米を中心とした観光客が入る店となっており、そういった旅行者のニーズを満たすものになっていた。

Wi-Fiもその一つで、使えるのがデフォルトという感じで、このエリアだけは、ラオスの中でもかなり特殊な配慮がされているという風に感じた。

雰囲気としては、プーケットに近い。

レストランやカフェ以外にも、1kg約100円で、洗濯をしてくれるランドリーがあったりとか、レンタルの自転車やマッサージ店なども並んでいるし、ナイトバザールや作り立てのフルーツジュースを作ってくれる見せも建ち並んでいて、毎日通っても飽きなかった。

そしてルアンパバーンの多くのホテルは、シーサワンウォン通りまでの送迎をしてくれるようになっているので、ホテルのフロントに言えば、バンで送ってくれるし、電話をするか、予め時刻を指定しておけば、シーサワンウォン通りの外れにある郵便局近くまで、買いに来てくれる。

このように、ラオスはWi-Fi事情を含めて、とても快適に滞在できる国だったし、また訪れたい場所の一つとなった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ