ラトビアへの移住への可能性を考えてみた


東欧的とも、北欧的とも言える位置にあるのが、ラトビアやエストニア、リトアニアといったバルト三国。

この中でもラトビアは、非常にビザの条件がゆるいということで、着目してみた。

具体的に言うと、首都のリガであれば14万ユーロ、地方であれば7万ユーロの不動産を購入することによって、5年間のビザが得られる。

更に言うと、別にこれは、ラトビアに移住する場合だけではなくて、他のヨーロッパの国に住む際にも使える。

というのは、シェンゲン協定というルールによって、ラトビアとほとんどのヨーロッパの国というのは、国境を通過する際に、パスポートのチェックはなく、実質上一つの国のような扱いを受けているので、どこかの1つの国でビザを取っておけば、それ以外の国に住むことが可能となる。

つまり、ビザを取ることによって、ラトビア移住が可能になることはもちろん、ギリシャであったり、あるいはイタリアやドイツ、オーストリア、ポーランド、こういった国にも住むことができる。

実際問題として、ラトビアというのがどういう国かというと、一般的にはきな臭いであるとか、治安が悪そうとか、そういった悪印象が先行しがちだが、実際にはそこら辺の課題というのは、だいぶ改善されているという。

LCCで、ヨーロッパ内での移動経路について調べていても、首都のリガを経由して他国に行くとか、そういったこともあるので、そこまで不便ではないということもわかる。

もともとこの国というのは、不動産価格であるとか、経済がかなり乱高下していて、東欧の中でも伸びる時の伸び率も高いし、逆に落ちる時の下落の幅というのも大きくなっている。

一時期は、不動産ブームが起きて、2004年のEU加盟後に、住宅バブルが起きたこともある。

この時というのは数年間で、不動産が約4倍にまで金額が上がり、更にその後、リーマンショックで著しく経済が打撃を受けて、約1/3にまで住宅価格が落ち込むといった形で乱高下している。

経済成長率を見ても、リーマンショックの時に、東欧のポーランドを除いた全ての国が、マイナス成長であったことは変わらないが、その中でもラトビアというのは下落率が高く、15%以上も2009年には下落を示している。

こういったところで、まだまだ経済の基盤が弱いということが伺える一方で、最近はその状況が改善してきているし、更に言うと、世界銀行が統計を取ったビジネスのしやすさランキングにおいては、25位とかなり好順位に付けている。

有名なポーランドが55位、チェコが65位ということで、実を言うとラトビアの方がはるかにこの点においては上という評価を受けている。

更にこの国は、IT化に非常に積極的なようで、納税であるとか、様々なことをIT化しており、法人設立にしても、ネット上から行うことができるらしい。

そういったところでは、一般的なイメージとは違い、だいぶ先進的な一面を持ち合わせている。

地理的な問題もあって、基本的にはドイツとかイギリスとか、そういったヨーロッパの先進国に対して、物を輸出するというよりは、むしろロシア側に近く、ロシアへの入口として活用されることも多いらしい。

更に言うと、もともと旧ソ連圏の国なので、ロシア語を話せる人は今でも多いため、経済での取引というのは、やはりロシアよりの部分があるという。

今現在、ラトビアそのものに移住するという可能性は非常に低いが、この国のビザについて色々調べてみようと思っている。

それによってヨーロッパ各国に住むことができるということになれば、どこか特定の国に定住をしなくても、数か月おきに移動しながらどんどん刺激を受けるということも可能になる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ