マレーシアでRHB BANKの口座開設をするには特別な方法が必要




マレーシアではHSBCとRHB BANKに口座開設をした。

しかし、最初はどの銀行でも断られた。

ジョホールバルのモレックパインにある
金融機関にある通りを歩いて片っ端から回ってみたが、
すべて一律で断られた。


要求されたのは、会社からの書類。

マレーシアで就労していることを示す証明書だった。

しかし、私は現地就職しているわけではない。

もちろん会社に所属なんてしていない。



そんな状態では、
マレーシアでは銀行の口座開設ができないというルールになっている。

RHB BANKの場合、タマンモレックの支店だけではなく、
シティスクエアにも行ってみた。

こちらもダメで、にべもなく断られた。


しかし、友人の情報により、
現地の銀行と大きな取引をしている人の紹介があれば
口座開設が可能という話を聞いた。

そして、その友人が仲介をしてくれた結果、
RHB BANKに行くと就労証明等を要求されることもなく、
無事に手続きが進んでいった。

新興国にありがちなコネ社会というものを、
この時初めて実感した。



支店はどこでもいいわけではなく、
特定の担当者がいる支店まで友人たちと共に移動。

その場で3人同時にRHB BANKの口座を開設してきた。

通常、海外だと通帳は発行されないことが多い。


それに対し、RHB BANKは選択制になっている。

初めての海外口座でよく分からなかったこともあり、
何となく日本の感覚で通帳をもらうことにした。



結果として、長い目で見れば正しい選択だった。

通帳なしにすると、
代わりに明細が毎月送られてくる。

しかし、住所を変えるたびに通知するのは面倒だし、
マレーシアから出れば旅行の時ぐらいしか使わない。

そのために常に最新の住所を更新していくのは
面倒以外の何物でもない。



マレーシアを離れてからも口座は維持しているが、
たまに旅行の時についでに記帳する程度。

RHB BANKは支店が多いので、
その点は困らない。

口座を開設したジョホールバルはもちろん、
クアラルンプールでもいくつか支店を見かけたし、
イポーやペナンでも発見した。

ATMの数はそれ以上に多いので、
お金を引き出すのには苦労しない。



ただし、マレーシアから離れる時に
残ったリンギットを入金しようとした時に、
ちょっとした不便に気付いた。

日本と違い、
入金専用の機械を使う必要があるのだが、
空港等には通常のATMしかないということ。

そのため、現金を口座に入れることができず、
むだに持ち歩かなくてはならない。


セキュリティーの面で考えると望ましくはないが、
空港に行く時にほとんどキャッシュがないのも不安。

結局、色々な国に行く間に
むやみに手持ちの外貨が増えていくという結果に。

銀行口座を持っていない国ならいざ知らず、
せっかくRHB BANKがあるのに入金できないとは・・・。


とは言え、
家賃の振込にも使っていたし、
マレーシアの銀行口座を持てたことは生活の上で助かった。

やはり暮らしていく上で、
その国の銀行を使えないというのは不便なので。



ちなみに、一部の会社を通すことで、
MAY BANKの口座開設ができるという話も聞いたことがある。

というより、その会社から説明を受けた。


私はすでに必要なかったので断ったが、
マレーシアで暮らすならそうしたサービスを使うのも
1つの手段となる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ