フィリピン不動産の利回りを大きく上下させる視点




フィリピンで不動産投資をして、
高い利回りを得る人と低い利回りに甘んじる人の違い。

それは必ずしも投資家としての資質や経験ではなく、
別のところにあったりする。

言ってみれば、
どういったスタンスで関わっているのか?

単なる投資家としての感覚なのか、
それともある視点を持っているかどうかによって、
その先は変わっていく。




フィリピンの不動産において、
セブよりもマカティの方が一般論として
チャンスが多いというのは先日の勉強会でも
ご理解いただいたとおり。

私自身、セブの視察を通してそのことを実感した。

ただし、マカティ以上にチャンスのあるエリアが
存在するとしたら?

フィリピンという国に対する
日本からのイメージと、欧米からのイメージの違いが
こんな話を現実にしている。




そして、フィリピンの特異性、
世界的な金融危機の際の強みとは?

リーマン・ショックの時も含め、
フィリピンは他の新興国とも、
もちろん先進国とも違う立ち位置にいた。

それを理解しておくことによって、
これから先に金融危機が起こった場合に
リスクを減らすことができる。


金融危機が起こった時には、
香港等の金融立国に資産を置いておくだけでは足りない。

適当に複数の国に分散しても、
経済が軒並みダメージを受けてしまえば、
元も子もない。

では、その対策としてフィリピンを活用するには、
どうしたらいいのか?

続きはニュースレターで。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ