ルーマニアの治安をブカレスト他3都市で観察してきた




ルーマニアの中でもブカレストは、治安の悪い町として名前が通っている。

例えばWEBサイトなどを見ていると、危ない上にたいした見どころもないところとして、スルーすることを推奨しているサイトも多い。

今回私の場合は、ブカレストで7泊したあと、ブラショフ、シギショアラ、シビウと合計で4つの都市を回ってきた。

本来であれば、アラドかティミショアラにも寄ってくる予定だったが、移動のルートを検討した結果、その2つの町は外すことにした。

もしかすると、ルーマニアという言葉よりも、トランシルバニアという言葉に憧れを持つ人が多いかもしれないが、どちらにしても首都のブカレストがこの地方から外れていることに変りはない。

では丸一週間ブカレストに滞在してみてどうだったかというと、特に治安が悪いという風に旅行者として感じたことはなかった。

私の場合は、その前のブルガリアでパソコンが盗まれ、ブカレストでは新しいパソコンを注文して、届くのが遅れに遅れたので、足止めをくらっている形になっていたが、旧市街の近くのホテルにずっと泊まっていた。

その間、危険そうな人物を見かけたりとか、ヒヤッとする体験したとか、あるいはアメリカのニューヨークやワシントンのようなピリピリした空気を感じたりとか、そういったことは一切なかった。

パソコンショップの店員の虚偽の説明(配達の時期、保証、動作環境等)は繰り返し行われていたし、そういったところにはうんざりしていたが、いわゆる犯罪に巻き込まれそうなことというのはない。

両替商がやってきて、続いて偽警官が登場というお決まりパターンにも遭遇しなかったし、タクシーを使った時にもちゃんとメーターを使っていたし、ぼったくられるようなこともなく、むしろルーマニアの物価の安さに驚いた。


ただし、ブカレストにみどころがないというのは、確かにその通りで、他の国にもあるような旧市街が存在する程度で、1日か2日あれば十分に観光は終わってしまう。

ブカレストで危険と言われている場所といえば北駅で、私も次の街、ブラショフに移動する時に使った。

皮膚感覚で言えば、他のヨーロッパの長距離鉄道の駅と変わりはない。ただし、あれだけ悪評が立つのには理由もあるだろう。むだにウロウロしたりはせず、さっさと目的地ブラショフ行きの鉄道に乗り込んで後にすることにした。



続いてのブラショフについても、基本的にのどかなところだと思ったが、一度4人組の荒くれ者風の若者たちがいたので、そちらには近付かないようにしていた。

この手の若者というのはどこの国にもいるし、基本的にヨーロッパ圏であるとか、北米とか、そういった人種的に体の大きな国というのは、それだけで威圧感が増すので、そういった意味で警戒しているというだけで、特別ルーマニアの治安がどうこうという話ではない。



そして、3ヶ所目の町となるシギショアラだが、ここは明確な特長があって、とにかく物乞いが多かった。

例えば、オープンテラス席で食事をしている時には、外から物乞いが入ってきて、子供2人大人1人だったが、合計3人が食事中に近くまでやってきた。

店員も最後の方は追い払いに来ていたが、もはや顔なじみになっているようで、威嚇して追い出すというよりは、苦笑いをしながら子供をたしなめるという程度だった。この店では日常的な光景なのだろう。

これはシギショアラの旧市街を歩いている時でも同じで、すれ違いざまにペットボトルをひったくろうとする老婆もいた。

また新市街のところを歩いていても、自宅と思われる建物から出てきた子連れの40歳ぐらいの男が、煙草を吸う仕草を見せて、煙草を要求してきたりとか、とにかくそういったことが多い町で、その点はうんざりするところだった。

それにしても、子連れなのに子供のための食べ物でもお金でもなく、自分が吸うタバコを要求するというのはどうなのだろう?

シギショアラのホテルは、とても気に入っていたし、街も悪くなかったが、こういった点には辟易したし、長居したいとは思わなくなった。

そんな場所なので、軽犯罪が多そうな印象は受けたし、治安というよりはむしろ風紀がよくないという風に感じた。


そこから再び鉄道に乗り、シビウに移動したが、この町に関しては特に治安について懸念するような材料は何も見当たらなかった。



3泊してみたが、危険を感じるようなことはなく、不快な点も特になかった。

街並みはシギショアラがもっとも美しく感じたが、安心感を持って過ごせる街としてはシビウに優れたものを感じる。


ルーマニアの場合は、劇的に治安が改善するような理由が見当たらないので、ブカレストを中心にした危険であるという情報についても、過去の話として無視するのは得策ではないように思う。

例えば経済発展をしている国であれば、失業者が減って、自然に財産狙いの犯罪が減るとか、あるいは政府も大々的に取り締まりを行うとか、更に言えば観光に力を入れているのであれば、外国人誘致のために警察官を増員するとか、取り締まりを強化するといったことは当然に考えられるが、ルーマニアはそういった国ではない。

そう考えると、過去の犯罪事例というのは、現在でも通用している可能性は十分にあるし、今回私が危ない目に合わなかったからと言って、治安が良い国だと言うつもりはない。

そもそもブカレストに関して言えば、魅力自体が薄い町なので、確かにわざわざ足を運ぶほどのところではないような気がするし、一週間もいるとすっかり飽きてしまって、とにかくさっさと次の街に行きたいという気持ちになった。


ルーマニアは食事がまずかった


治安以外の面で困ったのは、食事が他の東欧諸国と比べて露骨に質が落ちるということ。

マレーシアに住んでいる時には半年でローカルフードに飽きたが、それとはまた違ったニュアンスだった。

というのも、マレーシアの時にはローカルフードの独特の味付けが嫌になったが、今回はルーマニア料理に嫌気がさしたわけではなく、周りの国と同じ料理がまずかった。

たとえば豚肉のステーキと野菜の付け合せといったシンプルなメニューでも、なぜか味付けがまずい。

ポーランドやチェコのように、ルーマニラよりも経済水準が高い国よりも料理の質が低いのは納得できる部分もある。

生活のクオリティーが下がれば、味覚が形成される幼児期はもちろん、その後に食べてきたものも味付けにこだわらなかったり、外国人旅行者の舌の基準が理解できないのも仕方ない。

しかし、ルーマニアよりも貧しいブルガリアはレストランの数が少なめな印象はあったものの、食事のクオリティーは決して低くなかった。

むしろソフィアで食べたミネストローネは、これまで世界各地で食べてきた中でもベスト3に入る。隣国の首都ブカレストとは雲泥の差。

ブカレスト滞在中に発見したのは、ピザなら美味しいということ。さらにマルゲリータが一番で、トッピングが増えるほどに味が落ちる。

この法則を次のブラショフでも試してみたが、マルゲリータさえまずかった・・・。

不思議だったのはシビウで、たまたま入ったレストランが当たりだったのか、シビウだけは他の国と比べても見劣りしない料理だった。

ルーマニアは治安の悪さばかりが取り沙汰されるが、食事面の残念さも渡航前に覚悟しておいた方がいいだろう。とは言え、トランシルヴァニアの旅は風景や街並みが素晴らしく、訪れる価値は十分過ぎるほどにあった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ