山頭火のラーメンをマニラで食べる【フィリピン】


フィリピンのマニラには山頭火の店舗があり、
日本と変わらないクオリティーのラーメンが食べられる。

1つ目の店はマカティ地区の
グロリエッタというショッピングモールにあり、
SM(シューマート)に隣接したところに店がある。

こちらは家から近いのでたびたび通っている。



2つ目の店はモール・オブ・アジアという
フィリピン最大にしてアジア最大のショッピングモール内に
出店したらしい。

モール・オブ・アジアはあまりに広すぎて
山頭火を見つけることはできなかった。




そんなわけで、フィリピン在住の私としては
山頭火のラーメンを食べられることが助けになっている。

マニラには日本料理屋は多いのだが、
他の料理は美味しくてもラーメンはイマイチなことが多い。

スープが取ってつけたような味付けで深みがなかったり、
麺が伸びきっていたり。

本当に美味しい店は少ない。


山頭火のあるグロリエッタの近くには
グリーンベルトというショッピングモールがあり、
そこにはケンジ亭というラーメン専門店もあるのだが、
味もサービスも山頭火には遠く及ばない。

ということで、
フィリピンで美味しいラーメンが食べたい時は
山頭火に行く習慣ができてしまった。

ラーメン以外のメニューにもチャーシュー丼やイクラ丼等もあるし、
セットのメニューもある。

好きなラーメンと納豆ご飯、茶碗蒸し、ミニサラダという
海外居住者には嬉しいメニューも。


海外だからといって手を抜いていないのが嬉しい。



実はフィリピンに移住してくる前にも
マレーシアのクアラルンプールやシンガポールでも
山頭火のラーメンを食べた。

店舗がアジア各国に展開しているおかげで、
どこでも日本クオリティのラーメンを食べられる。

価格設定は日本とほぼ同じなのに、
どの街でも店舗は常にお客さんで一杯。

シンガポールの店舗では行列までできていた。


日本と同じレベルの売上が上がり、
人件費やテナント代は大きく下がる。

たとえば、フィリピンならバイトの人件費は時給100円程度。

アジアでビジネスをやる旨みを山頭火は知っているはず。

この際、どんどん店舗を増やしてほしい。



マニラはこれ以上近くになくてもいいので、
さらに各国展開してもらえば他の国に移住した際も
山頭火のラーメンが食べられることになる。

日本国内では熾烈な争いをしている業界だが、
一歩海外に出ると残念な店がいくらでもある状況。

日本で人気の店が質を落とさずにやって来れば、
価格を下げなくても十分人は集まってくる。


実際、それを成功させているのが山頭火だし、
どんどん色々なラーメン屋が進出してほしい。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ