ホーチミンのタンソンニャット国際空港から市内までの行き方




バンコクのスワンナプーム国際空港からホーチミンのタンソンニャット国際空港ん位到着すると、何度かタクシーの客引きから声をかけられた。

市内までのアクセスは悪くはなく、車で20分ほどと聞いていたが、バンコクの王に電車で行けるようにはなっておらず、タクシーまたはバスで移動するとこになる。

バスを使うと料金が安くなるというメリットはあるものの、初めての街ではなかなかハードルが高いし、ホテルにたどり着くまでの時間を考えても、メリットを感じなかったので迷わずタクシーに乗ることにした。

こうなればホテルまでの行き方は簡単で、タンソンニャット国際空港の目の前からタクシーに乗ってホテルを指定するだけ。

今回使ったのは、ベトナムで有名なピナサンタクシーやマイリンタクシーではなく、ACV UNICOという会社だった。

デスクを設けたタクシーの呼び込みが数か所で行われていて、ホーチミンがはじめてということもあってよくわからなかったので、ひとまず感じのよさそうなところを選ぶことにした。

そこで提示されたのは22万ドン。

これは最初に空港内でATMからお金をおろす前に聞いた別のカウンターと同じ金額だった。

事前に空港から市内までの行き方について調べてみたら、15万ドンぐらいが相場ということだったが、タクシー料金は新興国だけあってベトナムにおいても上がってきているということだし、もしかするとこのACV UNICOという会社がピナサンタクシーやマイリンタクシーよりもやや割高なのかもしれない。

実際車のグレードも高かったので、そうだとしても問題はないし、何にしてもこれで足を確保することができた。

デスクでまずお金を払って、向こうが書類を用意する。

そこにはホテル名も記載するのだが、行先のホテル名が微妙に間違っていたようなので、サイドホテル名を見せて修正してもらった。

癖のあるアルファベットの文字だったのでかなり読みづらく、最初は間違っているのかただ単にそういう文字なのかよくわからなかったが、どうも間違っていたらしい。

そして11番のカウンターに行くようにと書類を渡され、50万ドンを渡したのでおつりの38万ドンを受け取ったのだが、何しろ桁が大きすぎて非常にわかりづらい。

50万ドンが日本円にするとだいたい2500円くらいだが、インドネシアやラオスのように0が多すぎると確認するのが大変で、旅行者にとって非常にハードルが高いところ。

11番カウンターに行くと女性のドライバーが車まで案内してくれた。

念のためiPhoneで地図を示してホテルの位置がここだということと、ホテルの住所についても見せたのだが、頑なにそれを見ることを拒み、最初に渡した書類のホテル名で合っているかどうかということを確認してくる。

何しろそのアルファベットが読みづらいので、正確に合っているかどうかが判別しづらいため、こちらとしても地図を見てもらいたいのだが、それについては向こうも取り合う気がなさそうなので、仕方がなくそのまま発進してもらう。

責任の所在をはっきりさせておくというのは意外に重要なことで、これは別にベトナムに限ったことではなく、以前にマニラでもこちらが口で言った行き先を地図でも一応見せておいたのだが、なぜか運転手はそれを見ることを拒み、到着してから同名のホテルがあったことが発覚してこちらのせいにされたことがあった。

そういったことを考えると、向こうに住所や地図を見せておいた方が安心ではあるのだが、そこら辺は対応が微妙なところ。

ホーチミンは初めてで、タンソンニャット国際空港から市内にアクセスするのも今回が初だったので、土地勘もなく間違った方向に行っても途中で気付く術はないと覚悟していたが、幸いなことに道に迷うことなくホテルに到着できた。

ちなみにホテルの目の前ではなく、対向車線の反対側で降ろされたので4車線の道をスーツケースを引きずって車の切れ目を見つけて渡らなければならなかった。

帰りには市内からタンソンニャット国際空港まで行く場合のスペシャルオファーとして、名刺大のチケットをもらった。

片道が15万ドンで60分前に予約すれば9時から24時までが営業時間だという。

行きが22万ドンということを考えれば確かに安いし、事前に調べていたマイリンタクシーやピナサンタクシーとも同じ金額ということになる。

これを使うかどうかということはかなり微妙なところだし、おそらく使わないとは思うが、ひとまずホーチミンのホテルに到着することができた。

ホテルの辺りは欧米系のバーが多く、メキシコ料理とイタリア料理とベトナム料理を扱っているという不思議な店が多くて、どうやら全く同じメニューを使っているので見た目や名前は違うが、チェーン店なのかもしれない。

正確に言うと、チェーン店というよりも同一のオーナーであるということは考えられる。

そういえば、空港においてはパスポートコントロールのところで、ビザを持っているかということを聞かれて持っていないと言うと、非常に怪訝な顔をされたというか、急に担当官の顔が曇って、帰りの航空券を見せろと言うので、ハノイからバンコク行きのチケットを提示したらそれであっさりと解決した。

あまりにも表情の変化が激しく、急に深刻そうな顔をするので、もしかしてベトナムのビザ制度を間違って理解していたのではないかという気も一瞬したが、来る直前にも確認しておいたので他国と勘違いしているということはなさそうだったし、いざとなったらベトナムを縦断するということをそれぞれの航空券を見せて証明する必要があるかとも思ったが、それには及ばなかった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ