スカイプで新聞販売店を辞める道を模索


世界4大自由倶楽部のメンバーのみに公開しているある企画。

そこに参加してくれた倶楽部メンバーのW氏と
スカイプで面談を行った。

これまで新聞販売店に勤めてきたが、
正社員でありながら給料が右肩下がりの現状に嫌気が差し、
副業から始めて会社を辞める道を探っているということだった。


これまでプログラミングの勉強をしてきたが
プログラマーとして働いた実績は0。

プログラミングの技術自体も
決してレベルが高いとは言えそうになかった。

そこで、まずは個人として小さな仕事から取る方法、
自分の技術で対応できない場合のアウトソーシングの仕方、
海外を利用して安くで仕事を発注して利益を中抜する方法など、

プログラマーとしての第一歩を踏み出すためのアドバイスを
中心に行った。


世界のどこにいてもできる仕事だけに、
自由を得る目的とは相性の良い技術である反面、
プログラミングは単価を下げられる仕事でもある。

海外の技術者に依頼することで
報酬を下げることも実際に行われている。

すでに40代で勉強途中ということを考えても
技術者としての腕だけでやっていくには心もとない。

そのため、プログラマーとして仕事をしながら、
ブログをからめてプラスαの収入を得る方法も示した。

ゆくゆくはこっちにシフトしていくことで
収入も安定していくことになるだろう。


プログラマーでもない私が
その世界のアドバイスをするのも不思議な話だが、
ビジネスの仕組みが見えてくればこんなことも可能。

もちろん、その業界の細かいルール・やり方はあるので、
それについては話が別だが。


今回アドバイスしたのは個人対個人の取引になるため、
変にその業界事情を知らなくても対応可能。

むしろ発注者も個人になるため、
相手との意思疎通の上で専門性が邪魔する恐れもある。

面白い結果を出してくれることを期待したい。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ