新築よりも快適なリノベーションの方が信用できるのかもしれない




フィリピンに住んでいた時には、新築のコンドミニアムに住むことになった。

実を言うと、私は誰も住んだことがない部屋に住むということは、その時が初めてで、それまでは常に中古の物件に住んでいた。

これもいい体験かと思ったが、何しろまだ完成して間もないので、中には内装が作り終えていないところもあったりして、昼間から騒音が鳴り響いている時期もあった。

更に言うと、コンドミニアムなので、アドミンと呼ばれる管理人室があり、そこで色々な手続きをしなければいけない。

フィリピンの場合だと、水道代とか、そこら辺もこのアドミンの管轄になるので、毎月足を運ばなければいけなかったが、全く機能していないというか、あまりにもそこで働いている人が役に立たないので、どうしょもなかった。

そういったことというのが、新築だとまだ評判もないわけだし、アドミンのスタッフというのも不慣れな状態なので、ある意味では仕方がないところでもある。

しかしながら、快適にリノベーションがされた部屋であれば、新築と同様の環境で暮らすことができるわけだし、あまりにも評判が悪ければ、誠実な不動産会社を選べば、そういった情報も教えてくれるので、避けることは可能になる。

更に言うと、フィリピンであっても、日系の不動産会社だったりすると、トイレの便座はちゃんと新しく変えてくれたりとか、そこら辺の配慮というのはきっちりとしているので、そういった物件なのであれば、新築でもリノベーションでも実質的には対して変わらないのではないかと思う。

更に言うと、新築の場合、建物の傾きであるとか、そういった問題もなかなか表面化しにくいので、住み始めてから問題に気付くということも多い。

実際私が住んでいた部屋の周辺というのも、どうやら建物の建付けに問題があったらしく、ドアが開かなくて、警備員やアドミンのスタッフを呼んで、何分にも渡って対処しているとか、そういったところを目撃したこともある。

リノベーションというのも、質は様々というところはあるが、ちゃんとした会社がやってくれれば、本当に綺麗になるわけなので、あえて新しい建物を作り直すというよりも、ある程度質のしっかりしたものを作って、それをリノベーションして長く使っていくという方が21世紀的な発想なのではないかと思う。

大量生産、大量消費という20世紀のテーゼからその次の世紀への移行ということを考えれば、特に先進国においては、そういった方向性で動いていく方が、少子高齢化、人口減少の波にもうまく対応できるのではないかと思う。

もっともこういった発想というのは、新しいわけではなくて、むしろヨーロッパや北米においては、何百年も使われている建物というのが、普通に存在しているわけなので、取り立てて斬新なものではない。

そしてその一方で、マレーシアやフィリピンのように、建物の質がまだまだ低い場合においては、リノベーションをしたところで、安全の問題等もあるので、結局こちらはある程度の期間が過ぎた段階で、取り壊さないと、かえって安全が脅かされるという恐れもある。

これだけグローバルな世の中なので、世界基準の建築を作ればいいのではないかという気もするが、結局のところ、住む人間のニーズであったりとか、現場で働いている人のモチベーションとか、更に言うと、建築コストをとにかく抑えたいデベロッパーや、購入者といった利害関係者の気持ちが一致して、とりあえず安かろう悪かろうで作って、後のことは将来考えるという状況が新興国においてはまだまだ根付いている。

そういったことを考えても、まずは日本のような先進国からライフスタイルを変えて、提示していくということが、これからの国際社会において、求められていると感じている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ