クオータービザの申請をしてきた




マカティにあるクオータービザの申請を代行してくれる会社へ行き、
正式に申請を依頼する契約書を出してきた。

これで手続きが動き始めることになる。

今後の流れとしては、
必要書類である無犯罪証明の取得がファーストステップ。

本来は日本の警察で取得するものだが、
マニラの大使館で申請して取り寄せることにした。

この真夏に酷暑の日本に行くのはちょっと・・・。



無犯罪証明が届くのに2ヶ月ほどかかるので、
その後にその証明書を代行会社がフィリピンで手続きをしたり、
必要な資金である5万USDを送金したり、
健康診断を受けたりすることになる。

何にしても、
まずは無犯罪証明の申請をしてきて、
実際に届くまで当面は待っているだけ。

すぐに完了するわけではない。

日本で取得してくればすぐに話は進むのだが、
別に急ぐわけでもないので待つとしよう。



すでに手続きについては以前にも説明を受けていたので、
今日は確認程度に聞いてきた。

その後色々雑談をしてきたのだが、
やはりフィリピンは住みやすい国というのを再確認した。

これはマレーシアと比べてもそう。

国全体としてみればマレーシアの方が発展しているが、
フィリピンはマカティやグローバルシティ、セブなど
国の一部を徹底的に優先して開発し、
治安も安定させている。

外国人が住むのはそうしたエリアのため、
結果的にフィリピンで生活する方が
質の高い暮らしができる。



このフィリピンにいつでも住める環境を築くこと、
それが今回のクオータービザ取得の目的。

永住するわけではないが、
足元を固めるために早めに取りたい。

マレーシアのMM2Hビザのように、
その国を離れる1週間前にようやく取得というのは
できれば避けたいところだ。



永住権取得記念!
フィリピン・ビザ取得レポートを
期間限定で無料プレゼント中!



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ