ジョホールバルを去り、新天地へ




大きな転機を迎えようとしているような、
そんな大それた話でもないような。

2度目の移住をすることにした。

マレーシア・ジョホールバルに住むこと2年。

そろそろ次の土地を目指そうかと。

すでに場所の自由を得た私としては、
世界のどこに住むこともできる。

何もマレーシアに住み続ける必要はない。



ターゲットにしたのはフィリピン。

その首都のマニラに行くことにした。


このことを、ジョホールバルに住む移住仲間に伝えると、

「ついに楽園ですか」

「遊ぶ所いっぱいですね〜」

という言葉が返ってくる。

驚くほどステップアップ感を感じる反応。



そして、もう1つのタイプの反応は、
「フィリピンってどうなんですか?」というもの。

治安とか、食事とか、質問事項は色々だが、
私がフィリピンについて知っている前提で聞かれる。

それはそうだろう。

移住しようとしているのだから、
よく知っていると思うのが自然な反応だろう。


しかし、実を言うと私はフィリピンに行ったことがない。

ジョホールバルに移住してきた時にそうだったように、
下見なしで移住しようと思っている。

その場所に住めば
じっくり見て回ることができるわけだから、
わざわざ事前に下見に行かなくてもいいだろうと。


そう答えると、
相手の顔が引きつることがあるのだが(苦笑)

特に日本から旅行で来た人と話すときには、
そうした反応が多い気がする。

やはり移住という行為は
ハードルが高いと思われがちなのだろう。



ただ、私自身は楽観視している。

ジョホールバルに移住してきた時には、
そもそも東南アジアが初めてだった。

日本人が暮らせるような環境なのか、
いまいち確信が持てない。

しかも、海外に出ること自体が2回目。

出国手続きも2度目だった。

不安がなかったといえば嘘になる。



今回はマレーシアに2年住み、
東南アジアを散々旅して回った後なので、
特に未知の体験への恐怖があるわけではない。

最悪、マニラが住めないと判断すれば
他の場所に住めばいいだけの話だし。

マレーシアのビザ、MM2Hも取ったので
いつでもマレーシアに住むこともできる。

しばらくはホテルを転々としながら、
タイ等の国に住む手続きを進める手もある。

問題が起こったとしても
対処する方法を用意できているので、
特に不安はないのだ。



ということで、
「下見なしで海外移住シリーズ第二弾」と銘打って、
マニラに移住してみようかと思う。





PS.
この2年で8カ国14都市を旅してきたが、
考えてみると日本には一度も戻っていない。

フィリピンに移住して落ち着いたら、
折を見て訪れることにしよう。

日本に入国するのはそれが二度目。

自分の国に入国する方が緊張しそうだ(笑)




PPS.
手荷物だけで移住するため、
目につくところから荷物を捨てている。

やはり2年も暮らしていると、
思いの外、物に囲まれていることが分かった。

部屋が片付くのはすっきりするものの、
どこか淋しい。

そして、もうすぐこの街ともお別れと思うと、
急に日常が大切に思えてきたり・・・

少し感傷的な気持ちになったりもする。

引越しの時はいつでもそうだったが、
やはり淋しい気持ちがないと言えば嘘になる。


それも、新天地での暮らしが始まれば
気持ちを切り替えられるだろう。

まずは身の回りの整理をしなくては。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ