シンプルミニマムな生活を極端にした結果・・・


生きていくのに本当に必要なものは、どれだけあるのだろう?

ミニマムな生活の範囲とはどこまでだろう?

そう問われてスラスラ答えられる人は、ほぼいないはず。

改めて考えて見ると、
私達の身の回りには多くの物がある。

シンプルミニマムな生活とははるかに遠い。



特に引っ越しの時には、
荷造りをしながらそんな事実に直面する。

ダンボール10箱もあれば十分だと思っていたら、
20箱を超えそうになってしまったり・・・。

それでも、思い出があるとか、いつか使うかもしれないとか、
つい捨てるのを拒んでしまう。




私にとって転機となったのは、マレーシアに移住したことだった。



2つのバッグに入る荷物だけに収めたので、
必然的にこれまで所有していた大部分の物は処分することに。

それでも、この時は初めての海外生活だったこともあり、
割り箸とか変圧器とか、要らないものもあった。




そして2年後、マレーシアからフィリピンに移る時には
さらに荷物を減らすことができた。

パソコンは2台になってしまったが、
それ以外の要らないものは徹底的に処分した。

着替えとパソコン関係の道具、
あとは投資関係の書類ぐらいしか持たずにフィリピンへ行った。

家具や家電はコンドミニアムに付いているので、
自分で用意する必要はない。

ミニマムなレベルに持ち物を減らしやすい環境は整っていた。




極端な話、パスポートとキャッシュカードがあれば
生活することはできてしまう。

パスポートという国家間の移動のための道具と、
お金という交換価値のツールさえあれば不便はしない。



こう考えてみると、
本当に不要なものばかりに囲まれて暮らしていたと
今になって思う。

それは必要ないだけで無害、というわけではなくて、
体のよどみのように有害な気がする。

過去のある時点の状態に引き戻されて、
成長を阻害するという意味で。




そういえば、
中学時代に一時期本気で勉強をしてみたことがある。

2年ほどで飽きて、その後真剣に勉強をしたことはないが、
その時期に漫画を買うのをやめた。

あれば何度も読んでしまうから。


読み飽きて面白くなくなっているのに、
何となく惰性で読んでしまう。

部屋の中に漫画を置きたくなくなった。


物を持たずにシンプルミニマムな暮らしをしたいというのは、
あの頃の気持ちに通じるところがあるのかもしれない。

今まで忘れていたけど(笑)。


結局、その後、紙の漫画本を自宅に置くということはなくなった。

iPadを持つようになってから電子書籍で読むようになったので、
数百冊の漫画が(ひょっとして1,000冊以上?)
専用の外付けハードディスクの中に入っているが、
これだけあると退屈なのに同じものを何度も読むことはない。

というより、まだ全部読めていない。




身の回りの物だけではなく、
人間関係もどんどんミニマムに絞って
人数より本当に尊敬できる相手だけに限定してきた。

この点は時期によって方針を変更する可能性はあるものの、
必要かどうかという意味で言えば
多くの人間関係が必要なわけはない。

浅い関係の人を増やすよりは、
深い関係を少数の人と築くほうがいい。



こうして、物質的にも人間関係でも、
シンプルに、そしてミニマムな生活に移行してきた。




日本にいた時には、
身の回りがゴチャゴチャしていた感覚があった。

正確に言えば、
何だか落ち着かない感じがしていただけで
原因は自覚できていなかった気がする。


それが余計な物を捨ててみたら、
人生がずいぶんシンプルに感じられるようになった。



これから何がしたいのか、何が必要なのかも見えてくる。

別に自分が住むための自宅なんて要らないし、
(投資用の不動産は別として)
車もオフィスもブランド物の服も要らない。



とにかく自由に動ける身軽な状態を維持したい。

これは肉体レベルの欲求なのかもしれない。


私の食事量は女性並に少ないのに、
水は1日に3リットル以上は飲む。

意識的にというよりも、体が欲するので。

その結果、どんどん循環が起こる。


とにかく余計なものを体から排出することが優先で、
中に溜め込もうという方向性で体が活動していない。

そう考えると、
DNAレベルで刷り込まれた本能なのか?

その割に、家族の中でガリガリなのは私だけなのだが(苦笑)。





シンプルミニマムな暮らしをしたことで、
所有欲を出さなければ月に10万円程度で
それなりの暮らしができることも分かった。

フィリピンやマレーシアの地方都市なら
3万円程度の家賃で暮らせる。

安めのレストランで食事をするようにすれば、
月10万円で生きていける。


それでもプールぐらいは付いているので、
極貧生活というわけでもない。




別にそういう暮らしがしたいわけではなくても、
そのラインが見えれば安心につながる。

さすがに収入が月10万を下回ることは、
どう転んでもありえないので。



最低限のラインが見えて、
そこに上乗せをした場合の生活設計も金額と一緒に理解できる。

そうすると、長期的な人生計画も
いくつものシナリオを打ち立てて設計できる。



何となく今の生活を基準にするのではなくて、
最低限の生活を設定して、
その上に上乗せしていくことで他にも候補が出てくる。


それを見て、人生の選択肢は多い上、
思った以上に可能性に満ちていることを感じる。



よどみやしがらみを捨てて、
スッキリして見えてきたものがある。


ある意味、
メイクをゴリゴリにしてデビューしたビジュアル系バンドが、
年月を経て素顔で人前に出るようになるのと
似た感覚なのかもしれない。

本来の状態に回帰していくという意味で。



私は元々物欲が弱かったので
別に派手な生活をしていたわけでもないが、
それでも日本で普通に暮らしていた当時は
今よりも何倍も物があふれていた。

それが邪魔になっていたとは、
生活環境を大きく変える機会がなかったら
気付かなかったのかもしれない。



それにしても、
収入が増えて物が減るのは何年か前の感覚なら不思議だった。

増えたのは、
安心を確保するためのパスポートの中にある永住ビザの数と
ハードディスクの中の漫画の数、
あとは各地を回ったり様々な体験をしたことぐらい。

案外、他に欲しいものなんてないのかもしれない。


ついでに自宅も捨ててみた

シンプルミニマムを徹底したら、
別に自宅を持って生活する必要も感じなくなった。

ある日は河川敷で、ある日は公園で寝ている
・・・というわけではなくて、
色々な国を周りながらホテル暮らしをすることにした。



そのために、
すべての荷物をスーツケースに入るレベルにまとめることにした。


マレーシアからフィリピンに移住する時も、
同様のことはした。

しかし、それは一時的に荷物を圧縮しただけで、
マニラ市内のマカティにあるコンドミニアムに落ち着いてからは
荷物が徐々に増えていった。

スーツケース(しかも機内持ち込みで飛行機に持ち込める大きさ)に
納められるところまで荷物を減らすのは、
一時的なミニマムの到達点という感覚があった。


対して、今回はスーツケース1つを持って
各国を移動することになる。

飛行機に持ち込めなければ、
荷物が行方不明になるロストバゲージ等のトラブルも出る。

気持よく旅をするには、
機内持ち込みできる大きさに収めることは必須。


シンプルミニマムな生活の極地のように思えた挑戦だが、
意外にどうにかなっている。

すでに1年半ほどホテル暮らしをしながら
世界各国を周ってきたが、
意外と生活が成り立つもの。


アジアはもちろん、東欧やアイルランド、イギリス、
オセアニア、北米等も周ってきたが、
寒い土地に行く時に少し不便するぐらい。

コート等を買っても、
暑い国に移動する時に捨ててしまうので、
少々もったいないというだけ。

コートのようにかさばるものを持ち続けると、
すぐにスーツケースはいっぱいになってしまう。

そのため、不要になったら容赦なく捨てるしかない。



ということで、シンプルミニマムな生活を徹底すると、
身の回りの品はスーツケース1つに入れられるし、
自宅すら不要になってしまった。

余計なものが減ると自由度が高まるので、
私にはこの生活の方が合っている。

例えばたくさんの絵を所有するよりも、
色々な国の美術館を見に行けることに魅力を感じてしまうので。


再び自宅を持って分かったこと


シンプルなミニマム生活を追求した結果、
自宅を捨ててホテル暮らしが始まった。

マレーシア・フィリピンと住んでみて、
もう日本に当面戻るつもりがなかったので
各国を転々としながら。

居住国すら持たない暮らしになってしまった(笑)。



クアラルンプールからオーストラリアに飛んだり、
マニラからロンドンに飛んだり、
その後は陸路も含めてヨーロッパじゅうを周ってから
フランクフルトを発ってカナダのハリファックスを起点に
カナダ・アメリカを西へ西へと横断した。

モントリオール、オタワ、トロント、ニューヨーク、
ワシントンDC、フィラデルフィア等を経てバンクーバーへ。

そこからマニラに戻り、ひとまず世界一周が幕を下ろした。


マニラに着いたところで、コートは捨てた。

12月のバンクーバーは気温が0度まで下がっていたが、
マニラではコートなんて無用の長物でしかない。

シンプルミニマムな生活には邪魔なだけだし、
現実問題としてかさばって仕方ない。

飛行機の機内持ち込みの荷物の制限にも引っかかってしまう。


その後もホテル暮らしが続き、
再びヨーロッパへ飛んで東欧で約3ヶ月を過ごしたり、
バンコクやチェンマイでくつろいだりしていた。

自宅を捨てて1年半が過ぎたところで、
セブのコンドミニアムを借りることにした。

すでにホテル暮らしが定着しすぎていたので、
自宅がある生活の方が新鮮に思えそうという理由で。

ただし、セブの後はまたホテル暮らしをする前提なので、
この間もシンプルなミニマム生活は健在だった。

基本的に余計な物は買わない方針。


とは言え、セブに住んでいる間に使うものは買っていたので、
足湯のための天然塩や楕円形のバケツは用意したし、
奇跡の植物と称されるモリンガを買ってきては
煮出して飲んでみたりもした。

こうしたことは、ホテル暮らしだと難しいので、
なかなか興味深かった。


と言っても、セブに何年も住み着くわけでも、
まして永住するわけでもない。

再びホテル暮らしになって、
各国を飛び回る間の箸休め的な期間でしかない。


そして、この時の体験で理解できたのは、
自宅があってもなくてもいいということ。

どちらかに固執する必要はない。

帰る家があってもかまわないし、
なくても困らない。


そして、シンプルな暮らしを維持することに
変なこだわりを持つ必要もない。

ミニマム生活は私の都合に、
つまり各国を身軽に移動したいというニーズに合っていたが、
それが必要でなくなる時期も来るはず。

その時には、余計なポリシーとして保持するより、
さっさと捨ててしまった方がいい。

物を持たない主義を自称して、
それに縛られたりしては本末転倒。

何がしたいのか分からない。



物だけではなく、
囚われも積極的に手放してしまった方がいいということ。

そんな身軽でやわらかい生き方を続けていきたい。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ