移住先としてのシンガポール




シンガポールはジョホールバルの隣町だが、家賃や物価はぜんぜん違う。

たとえば、市内から外れたところにある1LDKのコンドミニアムが、家賃30万円だったり。

ジョホールバルなら、そもそも1LDKという狭い部屋を探すこと自体が難しい。

3LDKで高級コンドミニアムでも家賃は10万円前後なので、家賃は段違い。

物価も高い(ただし、ローカルレストラン等で済ませれば、マレーシアと大差ない)。

シンガポールは治安がよく、環境的にも整備されている。

その点はたしかに魅力的ではあるものの、この国である程度の生活水準で暮らそうとすれば、月に50万円以上は生活費がかかることになる。

その意味では、アジアにいるというメリットは、もはやシンガポールにはないかもしれない。

切り詰めて生活をする場合、そもそもシンガポールに住む意味があるのかも分からなくなってくる。

シンガポールは東京の港区に住むような感覚で移住するべき国だろう。



ただし、これは一般人の金銭感覚の場合の話。

世の中には生活費のことなんて瑣末な問題で、とにかく税負担がもっとも大きなコストである人達もいる。いわゆる富裕層と呼ばれる人達が。

彼らはアジアの金融センターであり、タックスヘイブンのシンガポールに引っ越す意味がある。

それは物価のためなどではなく、とにかく税金を安くするため。

税コストさえ軽減できれば、物価が2倍になろうと、3倍になろうと痛くもかゆくもない人がいくらでもいるので、そうした人にとっては必然性のある移住先と言える。





メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ