シンガポールの銀行で口座開設




フィリピン移住があと2日に迫ってきた所で、
一度シンガポールへ行ってきた。

わざわざこの時期になって
シンガポールへ日帰りで行って来たのは、
HSBCシンガポールの口座開設のため。


HSBCとは世界各国に支店を持つ銀行。

すでにマレーシアと香港のHSBC口座は持っている。

せっかくなので、金融立国であるシンガポールでも
口座を開いておくことにした。

フィリピンに移ってからだと
わざわざやって来るのも大変なので今のうちに。



日本人が口座を開ける銀行というのは、
思いの外限られている。

近頃では、ますます狭き門になる傾向もある。

実際、シンガポールの一部の銀行においては、
日本人の口座開設のハードルが上がっているという話も。

開けるうちに開いておくに越したことはない。


自分のお金であっても、
国を越えて自由に動かすのは意外に難しい。

きちんと環境を整えておかないと、
思いの外苦労することになるし、それは経験済み。

だからこそ、こうしてリスク分散もしている。

自分自身が場所の自由を獲得しても、
お金を移動させられないのでは困るので。



シンガポールのHSBCの口座開設のハードルがどの程度なのか?

緊張しながら行ったのだが、30分もかからなかった。

すでに他の国で口座を持っている場合、
HSBCは2つ目以降の口座開設はハードルが低い。

そのことを実感する結果だった。

それにしても、香港と比べると明らかに
手続きが簡単に進む。

色々質問されることもない。

英語がろくにわからないためダメ元で行ってみたところ、
あっさり手続きが完了してしまった。



キャバ嬢かと思うミニワンピースの銀行員に手続きをしてもらい、
簡単な説明を受けて手続き終了。

ただし、ATMカードは即時発行ができないので、
フィリピンに行く日(2日後)に取りに行くか、
住所に送ってもらうかの二択に。

さすがに移住時に荷物を持ってウロウロするのは大変なので、
日本の実家に送ってもらうことにした。

マレーシアの住所ではいなくなってしまうし、
フィリピンの住所は未定なので。



ATMカード到着後、通常ならATMで手続きをして、
ネットバンキング等を有効化する。

ただ、今回は事情を察してくれて、
担当者にメールすればいいことになった。

この辺の気遣いはありがたい。



30分もたたずにHSBCを後にできることに。

これで香港HSBC以外にも金融立国に口座を持てた。

保険をかける意味でも、心強いところだ。



PS.
マレーシアを去る前に国内旅行にも行こうと、
マラッカにも行ってみた。


振り返ってみると、
1週間でマレーシアのMM2Hビザを取って、
マラッカに行って、
シンガポールの銀行口座を開いて、
ジョホールバルで送別会をしてもらったことになる。

完全に過密スケジュールだ(笑)


送別会以外はもっと早くに済ませておけた用事。

やはり期限がないと動けないものだと感じる今日この頃。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ