シンガポールの移住費用の目安




隣国のマレーシアに2年以上住んでいたこともあり、
シンガポールへの移住について話を聞くことが多かった。

ただし、その際に問題になるのは費用のこと。

ビザを会社が用意してくれる駐在員ならともかく、
自力でどうにかしたいとなるとハードルが高い。



2012年まではシンガポール政府が定めた
FISと呼ばれる金融投資スキームを使うことが多かったが、
それはすでに廃止された。

現在では250万シンガポールドルをビジネスか
キャピタルファンドへ出資することが必要。

実に1億8000万円以上なので、
日本の中でも富裕層にしか縁がない。


他にも過去のビジネスや投資の実績等も審査対象となり、
お金だけ詰めば確実にシンガポールに移住できるわけでもない。

これだけの費用をかけられるのは日本人でも一握りとあって、
私があったシンガポール移住者も経営者ばかりだった。

それも現役の。

自分はオーナーとしての立場で一線から退きつつ、
遠隔地から会社をコントロールする。

そんな姿が一般的だった。



シンガポールに憧れる人は多いが、
費用のことを考えると我々一般人には無理という結論に。

そもそも、これだけの金額を求める国は世界でも少数。

もはやシンガポールは先進国以上にハードルを上げている。


税制面のメリットを求めて移住する人が多いだけに、
ただ単に快適な生活環境だけを希望しているわけではなく、
これだけの費用をかけても節税効果の方が大きいと
判断しているケースが多い。



東南アジアの中でも一際目立った成長を遂げたシンガポールだが、
移住費用も群を抜いている。

残念ながら富裕層以外には門戸は開かれていないというのが現実。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ