シンガポールを観光する際の注意。服装など、意外なところに落とし穴が!


シンガポールを観光する際の注意点として、
まずは服装の問題が挙げられる。

たとえばアフタヌーンティーを楽しもうと思ったのに
ドレスコードに引っかかって店に入れないとか、
モスクを見ようとしたら同様に入場を拒否されるとか、
行き先によってはこうしたトラブルが起こる。


東南アジアは暑いし、
旅先ではラフな服装になってしまうのも自然なこと。

基本的にはTシャツと短パン、サンダルのような服装でも
特に困ることはないものの、
上記のような場所には不適切。

そのため、どのような時間を過ごしたいのかを
事前に考えて注意しておく必要がある。

その上でふさわしい服装で来るとか、
一着でもフォーマル気味な服を荷物に入れておくとか
対応をしておくと無難。


特にモスクは肌の露出が嫌われるので、
スーツのような格好である必要は全くなく、
体をしっかり隠せる服装なら問題ない。



シンガポールは日本よりは服が安く売っている店もあるので、
(ただし一部の物はむしろ高い)
現地で調達することも可能。

ショッピングには困らない国だし、
観光の順序の中に上手に織り込んでおけば
少ない荷物で移動することもできるので。




シンガポールを観光する時のもう1つの注意点は、
気温にうまく対応すること。

赤道付近の国だけに、暑いことは予想がつくはず。

ただ、実際はそれだけではない。


ショッピングを楽しむ場合やカフェでお茶をする場合、
その他室内にいる時はエアコンがきいているので
肌寒さを感じることも。

旅の疲れと相乗効果で体調を崩すことがある。

基本的には外を歩くときの服装で過ごすにしても、
室内でもそれだとかなり厳しいこともある。



しかもシンガポールでは日本の残暑ぐらいの気温が年中続くので、
涼しい時期や寒い季節に日本から旅行に来ると
ただでさえ暑さに適応するのに体は大変。

観光をすると普段よりも歩くことになるし、
そこに冷えまで暑さと交互にやってきたのでは
風邪を引いてしまうのも当然の事。

そのため、必ず羽織るものを持ち歩くことをお勧めしたい。


最低限でも薄手の長袖のシャツ程度、
できればもう少し温かめな方がいい。

女性ならストールでもいいし、
その辺は上手く対応していただければと。

こちらも現地で購入する方法もあるので、
寒さを感じたら適当な店で買うというのも1つの手。



色々なところで言われているように、
もちろん熱中症には注意が必要。

外を歩く時には常に片手に
ミネラルウォーターを持っているぐらいがちょうどいい。

体が暑さに順応する前なら、
なおさら積極的に水分を補給する必要がある。


とは言え、東京の真夏のような蒸し暑さはないので、
南国と言ってもシンガポールが想像を絶するわけではない。

日本の夏に比べれば楽なものなので。

来る前に心配するほどのことはないので、
現地で水分不足に注意するぐらいで十分。



シンガポールは東京23区ぐらいの面積しかないし、
交通網も整備されているので移動がしやすい。

観光をするにも便利なので、
計画をしっかりしておけば、
さくっと見て回ることができる。

私は隣町のジョホールバルに住んでいた安心感で、
毎回下調べもせずに行っていたため、
非効率極まりなかったことが若干悔やまれる(苦笑)。




それと、シンガポールを観光するだけではなく、
周辺国へ足を伸ばすという手もある。

タイガーエアやscootといった
シンガポールを拠点にするLCCもあるため、
片道数千円からアジア各国に行ける。

バンコクならタイミングによって、
5000円以内で行けることも。


これは特別なプロモーション価格の時ではなく、
さらにサーチャージや空港税も込の価格。

日本から他の国に行くときよりも
ずっと気楽に移動することができる。


基本的に、ジャカルタやマニラ、クアラルンプール、
バンコク等ならシンガポールと同じ服装で問題ないので、
その点も助かる。

香港やマカオまで行く時には、
季節によって温度がぜんぜん違うので、
その場合はご注意を。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ