マレーシアの喫煙・禁煙事情




マレーシアの多くのカフェでは、
室内は禁煙・テラス席が喫煙席となっている。

そのため、禁煙スペースがしっかりしている印象だが、
室内にしか席のない日本料理屋や韓国料理屋では
全席喫煙可能となっていることが多い。

また、ローカルレストランは喫煙可能。

パブも喫煙可能。


こうしてみると、むしろマレーシアで
分煙が徹底されている店の方が少ない。


現地を歩いていると分かるが、
マレーシアは喫煙率が高い。

歩きタバコや、屋外に出て吸う人の数は
日本に比べて明らかに多い。

店内は禁煙にしている店があるといっても、
タバコが国民に浸透しているのは間違いない。


ちなみに、マレーシアのタバコは
日本と値段が変わらない。

所得水準は半分以下なので高額なはずだが、
それでもタバコをやめようとは思わないらしい。

海外にありがちな生々しい汚れた肺の写真や
ボロボロになった歯の写真が
タバコのパッケージに使われてもいるが、
これも効果はないようだ。


私は嫌煙家なので、
マレーシアの喫煙率の高さには
うんざりするところがある。

分煙している店ならまだいいが、
それすらもないとちょっと・・・


そういえば、和食レストランは基本的に店内も喫煙席が多い。

クアラルンプールはそうでもないが、
ジョホールバルはこの傾向にある。

そして、駐在員は日本のサラリーマンに比べて
喫煙率が高いような実感がある。

あくまで体感的な比較ではあるが。


そのため、煙たいので早々に食事を済ませて席を立つことも
しばしばあるのが残念なところ。

のんびり食事も取れないというのは、
なかなか面倒なところではある。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ