ソフィアでケーキやピザを食べ歩き




ソフィアの町に来て印象的だったことの一つに、食のレベルがそこそこに高いとあげられる。

この町は、レストランが少なく、そういった意味で言うと、食事は残念なのではないかという思いが最初のうちはあった。

ヨーグルトも、明治のブルガリアヨーグルトと全く変わりがなく、わざわざこの国までやってきてまで食べるような意味はなかったという風に感じていたが、レストランで大きなハズレがなかったというのも、これまで感じてきたところ。

例えばビクトリアという店のミネストローネは絶品だったし、ハッピーという店のシーフードリゾットも美味しかった。

但しこの店が提供していた寿司は、色がおどろおどろしくて、とても注文する気にはなれなかった。

ソフィアには、寿司屋も2軒ほどあったようだが、結局そこに入ることはなく、現地の料理を食べている間に、次の町プロヴディフに移る日がやってきた。

それはそうと、雨が降ってきた日には、レストランまで移動をするのが大変だったので、町中でよく見かけるピザの切り売りの店で、食事をすることにした。

こちらは1レバ約70円で、大きなピザを1切れ売っている。

そして至る所にこの手の店があって、その中の一つでピザを買ってみた。

雨が降ってきていたので、軒先で食べようとしていると、中に席があるという風に招かれたので、そちらに入っていった。

1階ではなく、ロフトのような2階の席に通されて、階段がかなり不安定でギシギシいうので不安だったが、これはロフト部分の造りもかなり簡素になっていて、後から来たブルガリア人と思われる男が、貧乏ゆすりをし始めたが、床全体が揺れるほど。

それはそうとして、ピザの味がどうだったかというと、安いなりの味で、一度食べたら十分という感じだった。

健康的な感じもしないし、ピザも冷め切っているし、頻繁に食べたいようなものではない。

70円で1食分になるので、そういった面でのメリットはあるだろうが、わざわざ物価の安いブルガリアまで来て、たまたま天気が雨でもなければ、これを食べる意味はないのではないかと思う。

雨が止んだ後、再び出かけて、小腹がすいたので、町中でケーキを買ってみた。

シュークリームのシューの部分を、スポンジのところに織り込んでいるケーキがあったので、興味本位でそちらを注文してみることにした。

こういった選び方は、ハズレを引くことも多いものの、現地特有の食を楽しむということの魅力には抗えない部分もある。

これは何ていうケーキなのかということを聞いてみたが、ブルガリアではほとんど英語が通じることがなく、ここでも苦笑いされるだけで、返答は返ってこなかった。

とにかくそのケーキを食べてみたが、これは味の面でも大正解だった。

シュークリームのシューの部分は、見た目と歯ごたえにおいて、アクセントになっているし、クリーム部分も美味しい。

味を占めて翌日もソフィアの別のパン屋で、ケーキを買ってみたが、こちらは日本でも昔あったバタークリームのようなもので、非常にまずかった。

正直最後まで食べることができないほどで、やはり当たり外れがあるという印象。

とは言え全体、として考えてみると、ソフィアではちゃんとしたレストランに入れば、美味しい物が食べられるという感じがした。

しかしながら、ソフィアの中でも、中心部にいかない限り、レストランがほとんどないので、そこら辺は若干困るところ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ