ソフィアの中心部を歩いてきた




ホテルライオンから、マリアルイーザを南下する形で、ソファのセルディカ駅に向かって歩いていった。

そのまま真っ直ぐと進んで行くと、左側にモスクやいくつかの大きな古い建物を見てから、ビトウシャという大通りに出る。

ここはどうやらソフィアのメインストリートになっている模様。

残念ながら現在は工事中で、道の右側と左側が完全に遮断されてしまっている。

とはいえ、行きと帰りでそれぞれ別の方向を歩くことで、全ての店をざっくりと眺めることができた。

昔からウィンドウショッピングというものには興味がないが、こうして海外に来て、色々な店を見てみるというのは興味深い。

お国柄や国民性が反映されていることもあれば、経済規模であったり、発展の度合い、更に言うと経済の伸び具合なども、密かに語られてたりする。

ブルガリアというのは、決して経済規模が大きい国ではないし、多くの東南アジアの国のように、著しく成長をしているわけでもない。

むしろ、時間が止まったような国だと感じていたが、ソフィアのビトウシャストリートに関して言えば、そこそこの活気はある。

しかしながら、これが首都のメインストリートだと思うと、やはり寂しいものがあるというのが、一番の印象だった。

セルディカ駅中心やビトウシャ通りの辺りには、外国人向けのレストランがたくさんあって、こちらは英語の表記も充実している。

しかしながら、それ以外のエリアに行くと、パン屋やテイクアウトのピザの店は目立つものの、店の中で食べるようなレストランというのは、少ないのはソフィアの印象。

ここら辺もブルガリアの人の外食事情とか、観光業の発展具合とか、そういったことを反映しているように思う。

そのままビトウシャ通りを南下していったところ、大きな公園にぶつかった。

どうやらこれがブルガリアスクエアというものらしい。

その通りのずっと向こうには、まだ雪がかかった山々が連なっているが、あそこまでもそれほどの距離がないのではないかと思う。

こう考えてみると、首都と言っても、とても規模は小さく、すぐ近くに山という自然を感じながら、生活することが出来る町ということになる。

そう聞くと、とても空気が良さそうとか、自然が豊かな町だという印象を受けるかもしれないが、それはかなり誤解な部分があって、ソフィアの町中というのはかなり空気が悪い。

その原因は明らかで、車というよりも、あまりにも受動喫煙をする機会が多いから。

立ってタバコを吸っている人や、歩きタバコがあまりにも多すぎて、やや鼻風邪を引いた状態でソフィアに到着してから数日間、人のタバコの煙がしみて、鼻の粘膜がだいぶ痛くなってしまった。

あまり発展していない後進国や新興国というのは、喫煙率が高い傾向にはあるが、ブルガリアの状態というのは、かなり悪いのではないかという風に感じる。

路上で、ここまでタバコの煙をまき散らしている国というのは、そうそうなく、先日までいたバンコクであるとか、あるいはセブであってもここまでひどいと感じることはなかった。

そういったこともあったので、人通りの多いソフィアの町を、歩くというのは、健康的なのかどうかということもかなり疑わしく、若干辟易するところもあった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ