豆乳が女性ホルモンの働きをすることによる副作用


豆乳は女性ホルモンに近い作用があるという話がある。

というのも、成分の大豆イソフラボンが
女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするためで、
過剰に摂取すると副作用が現れることもある。

ホルモンバランスが崩れてしまうので、
月経不順が起きる場合もあるという。



ただ、副作用が起こるのは大量に飲み過ぎた場合で、
そうでなければむしろ体にプラスの作用もある。

たとえば疲れづらくなったり、
便秘が改善したり、
肌がきれいになったという人もいる。

豆乳が害なのではなく、あくまで過剰摂取が問題なだけなので
節度を持っている限りは大丈夫。



では、豆乳をどの程度飲むのがいいのかというと、
1日に大体500ccが目安になる。

それ以上は女性ホルモンに近いイソフラボンを
過剰に摂取していることになる。

ただし、この成分だって毒なわけではないので、
多少の量の超過が直接的に体に害をもたらすわけではない。


私達の食生活は様々な栄養を過剰に摂取しているわけで、
ことさらに大豆イソフラボンばかりを目の敵にする必要はない。



実際、1ヶ月以上欠かさずに1日1リットルの豆乳を飲んでも
特に体に変調は見られなかった。

以前に比べて体調が悪くなるといった副作用は皆無。

残念だったのは、改善も見られなかったこと。

たしかに副作用はなかったものの、
プラスの効果もなかったので何も実感がなかった。



そんなわけで、もう少し続けてみようと思っていた矢先、
砂糖が入っていない豆乳が店に置かれなくなってしまった。

女性ホルモンによる副作用とかどうとかの前に、
そもそも購入できなくなった。

決定的な問題だ(苦笑)。



マニラのマカティエリアには他に無糖の豆乳が置いている店が、
私が探した限りではない。

ここで挫折することになりそうな感じが。

仮に取り扱いが再開されたとしても、
4ヶ月後にはマニラも去ることになる。


その意味では、どのみち豆乳は期間限定でしか飲めない。

どうやら砂糖が入っていない豆乳は例外的らしく、
見つからない国の方が多いので。

マレーシアでも甘ったるいものしか売っていなかった。



来年は拠点となる家も持たずに
各国をウロウロしながらホテル暮らしの予定なので、
行く先々で豆乳を求めて徘徊するのも手間になる。

そうなると、今のタイミングで飲むのを中断するか、
4ヶ月後に先延ばしするかの違いということに。

それでもあと4ヶ月飲めば変化がありそうなものなので、
もう1度他のスーパーも周ってみるか。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ