豆乳が筋トレの時にも役に立つという話


何となく女性的なイメージのある豆乳が、実は筋トレの際の
タンパク質の補給にも役に立つという意外な事実がある。

すっきりした飲み口なので淡白な感じがするものの、
原材料は大豆なだけに栄養は豊富。


100グラムあたり3.6グラム程度のタンパク質が含まれ、
一見すると少なそうに見えるものの、
これは牛乳と同程度の割合になる。

ある牛乳は100グラムのうち3.3グラムがタンパク質なので、
豆乳の方が若干多いことになる。

大豆の力はあなどれない。



ということで、筋トレに合わせて豆乳を飲むことで
良質なタンパク質を摂取できる。

体が吸収するのには時間がかかるので、
2,3時間前に飲んでからトレーニングをするのが
効率よく筋肉を成長させられることになる。



最近は筋トレをしない日も
砂糖の入っていない豆乳を飲み続けていて、
最初は少し抵抗があったものの、
慣れたら水のような感覚で飲めるようになった。

そこにこれだけの栄養が入っているとは
正直なところ意外。

元が豆ということも、飲んでいる限りは意識することはないし。



ということで、プロテインをガンガン飲むのは
ちょっと抵抗がある場合でも、
豆乳を筋トレに合わせて飲んだらいいのではないかと。

ボディービルダーになりたいわけでなければ、
プロテインやサプリを使ってまで
無理に体を仕上げる必要はない。

自然な食品である程度は補えるのだし、
その範囲でいいのではないかと思う。



筋トレの効果を高めるために
パサパサの鳥のささみを食べたりするのは
個人的には続きそうな気配がない。

それを継続できるモチベーションがある人はいいが、
私はそんな生活ができそうにないので、初めからやらない。

しかも、そうして得た筋肉は食生活を戻した後に
維持できなかったりする。

そうまでして筋肉を付ける必要は感じていない。



自宅のコンドミニアムにジムが付いているので、
いつでもトレーニングができる環境ではある。

ただ、南国のフィリピンということもあり、
ジムで筋トレするよりもプールで泳ぐほうが頻度としては多い。

どちらが気持ちいいかと考えると、やはりプールなので。



最近は豆乳を継続的に飲む習慣ができたので、
たまに筋トレをする際のタンパク質補給にも効果を期待したい。

まさかの牛乳と同レベルという栄養の豊富さなので。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ