スペインは移住したくないとマドリッドで痛感した




今回はスペイン移住の視察というわけではないが、
これから先のロングステイの場としての評価も含め、
マドリッドへやって来た。

この街は日本人にも人気だし、
世界的にも有名な観光地の1つ。

しかし、個人的にはこんな街に住みたくないと感じた。



もっとも大きな問題は、
これだけ観光産業で潤っている街にもかかわらず、
外国人に対する配慮があまりに粗末であること。

たとえば、観光客向けのレストランやバルでも、
スペイン語表記しかないことが多い。

バンコクやクアラルンプールですら、
こうした店は英語表記ぐらいはある。

隣国のポルトガルに至っては、
6カ国後で表記しているレストランすら
観光地周辺では珍しくない。



にも関わらず、
スペインに来るとごく一部のレストランを除けば、
英語の表記すらない。

珍しく店頭にスペイン語と英語が併記されているメニューを見つけても、
店に入るとスペイン語のメニューが出てきたりする。

こちらから要求したら英語のメニューが出てきたが、
日本人の私が観光地のレストランに入っているのを見て、
スペイン語を理解できると思う要素があるのだろうか?

ウェイターとしてもメニューを持って来直す手間が増えるだけだし、
誰も得をしないはず。



こんな環境では、外食中心の暮らしをしても
日々ストレスがたまるだけになる。

これまでもフィリピンやマレーシアに移住してきたが、
基本的に外国人が暮らしていける環境があった。

スペインの場合、
マドリッドですら外国人が気持よく過ごす環境は整っていない。

観光立国としての歴史は長いわけなので、
今更改善されるとも思えない。


これだけ経済が悪いと言われていても、
こんな基本的な項目すら改善しない国に住むなんて
気持ちがダメになる未来しか思い描けない。

レストランにしろ、スーパーにしろ、
空港のインフォメーションセンターにしろ、
基本的に態度が悪い。

中途半端に物価が安いとはいえ、
ポルトガルや東欧に比べれば若干割高。

それでいて言葉の壁は厚いし、人の態度も悪い。


こう考えると、スペインに移住したいと思う理由はない。

さらに言えば、マドリッドの場合、
夏は暑く冬は寒いという罰ゲームのような気候。

隣のポルトガルのように、
大西洋からの風を受けて冬でも温暖ということはない。


もはや移住対象としての適格性が何一つ見つからない。



と言っても、スペインにはバルセロナもあるし、
こちらはマドリッドとは性質もだいぶ違う。

その意味では、
バルセロナに住むことの可能性を
今の段階で放棄することはしたくない。

マドリッドがダメだからといって、
バルセロナまでどうしようもないとは限らない。

元々国内でも分裂意識が強い国だし、
地域ごとの特色が強いわけなので、
機会を見つけてバルセロナは見てきたいと思う。



と言っても優先順位が高いわけではないので、
東欧の方が優先。

これは単純に期待値の問題。

今後の人生において重要度の高そうな場所、
言い換えれば気持ちが高ぶる街を優先して訪れたい。

本格的な移住だけではなく、
数ヶ月住むといったことも含め、
今後の人生おいてオプションを増やしたい。

特にヨーロッパにおいては
ビザなしで90日は要られるのが基本なので、
その期間内限定で暮らすことも今後は考えている。

そうなってくると、
今のうちに複数の選択肢を持っておきたい所。


すでに目星はつき始めているので、
どこまで増やせるかが楽しみになっている。

アジアにはビザを取得した国もあるし、
すでに今後のビジョンは見えてきている。

そして、枠を大きく広げるのがヨーロッパ。

文化も街の雰囲気も食生活も異なるエリアをうまく活用することで、
今後の人生が大きく変わる予感がしている。



北米よりはヨーロッパの方が多様性があるので、
まずはここである程度選択肢を増やしたい。

スペインは移住候補としての評価を大きく落としたが、
より有力な国はまだまだある。

そちらに意識を移していきたい。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ